FC2ブログ

記事一覧

【アニメ】本当にオリジナルアニメは閉塞状況を打開したのか?

【雅道のサブカル見聞録】ついに最終回を迎えた『魔法少女まどか☆マギカ』

21日深夜に東日本大震災の影響で休止となっていたオリジナルアニメ、『魔法少女まどか☆マギカ』の
最終回が26時40分からMBS系では2話連続、27時からはTBS系で3話連続で放送された。
http://npn.co.jp/img/article/thumb1/04/956722041.jpg

放送前の注目度はかなり高く、当日の読売新聞の朝刊では一面広告が載るほど。放送終了時間は
早朝となるため有給休暇を取る社会人が続出したとか。
ネットではゴールデンウイークの有給を犠牲にして今回の放送に向かった語る人もいた。
一部では誰も人気を疑わない盛況ぶり。

ここ数年の深夜アニメの主流といえばライトノベルやPCゲーム、マンガを原作とした作品が多かった。
原作のないオリジナルアニメはファンがゼロの状態から始まるため、予想売り上げが立てにくく、
最近は避けられる傾向にあった。

苦戦が続いていた深夜枠のオリジナルアニメだが、今回の『魔法少女まどか☆マギカ』の成功は
そうした閉塞状況を打開するのに十分といえよう。作品構成の仕掛け次第では大勢のファンを獲得
できると証明してくれた。今月に発売が予定されているDVD、ブルーレイでの映像コンテンツの
売り上げはかなり期待できる。

最近の原作モノのアニメ化ラッシュで映像化できる作品が減った影響なのか、今年3月開始の
アニメではオリジナルアニメ本数が増えている。

今、深夜枠で放送されているオリジナル作品は『TIGER&BUNNY』、『DOG DAYS』、『花咲くいろは』、
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の4本。その全てが玩具収入に頼る朝や夕方の
オリジナルアニメとは違うアプローチでアニオタを楽しませている。

まるで深夜が実験的なオリジナルアニメで溢れていた00年代前半頃の雰囲気が戻ってきたかのようだ。

リアルライブ

http://npn.co.jp/article/detail/95672204/




   ∧∧     ┌──────────
  ( ´ー`)   < シラネーヨ
   \ <     └───/|──────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪



それにしても、いったい何を見てたらこんなトンチンカンなこと書けるんだろ……。
どういう発想なのか、不思議でしょうがないです。


全体としての傾向とか流れがどうこうっていうのと、作品そのものを同列に語るとかありえないでしょ……。
なんというか前提がおかしすぎて、言ってる事が破綻してるんだけど。


この記事で言ってるようなアホなことが成り立つのなら、2006年の段階で『コードギアス』がヒットしたんだから、オリジナルアニメが閉塞状況を打開してるはずだよね。
そうなってないのは、その後にオリジナルでヒットした作品が続かなかったからであって、続かなかったことに『コードギアス』は何も関係ない。
『コードギアス』が面白いとか面白くないとか、そんなことは一切無関係なわけで、そんなの当たり前じゃない。


今期オリジナルアニメが好評なのは、それが面白いから好評なのであって、別に『魔法少女まどか☆マギカ』がオリジナルでヒットしたから、今期のオリジナルアニメが評価されてるわけでも何でもない。
そうだとするなら、時系列がおかしすぎるでしょ。『魔法少女まどか☆マギカ』がヒットしたから、『TIGER&BUNNY』、『DOG DAYS』、『花咲くいろは』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を作り始めたわけでも何でもない。
結果的にそうなっているというだけの話を、いちいちこういう風に作品そのものの事情と関連付けるとか本当に気持ち悪い。
それに、オリジナルがヒットしてるという流れを見い出すのなら、『Angel Beats!』から既にヒットしてるわけで。
なんか上の記事は言ってることが凄い薄っぺらくて、浅はかという印象しか受けない。

シーズン毎にオリジナルアニメがヒットすることで、オリジナルアニメがヒットしないっていう状況が打開されたとするなら、それはそういう傾向になったというだけで、作品の単体が面白い面白くないなんていう話を同じカテゴリーで論ずるとか、意味不明もいいところです。




だいたいオリジナルアニメが苦戦が続いてたとか言うけど、確かに苦戦してましたよ。
けどねー、バスカッシュとかムント様とか、苦戦して当然だろ(笑)

アニメは娯楽なんですよ。エンタメ。
この前提から離れれば離れるほど面白くなくなっていくわけで、例えばグレンラガンとか、プリキュアだって2004年に始まったオリジナルアニメですけど、エンタメに徹してるオリジナル作品はちゃんとヒットしています。

ヒットしないオリジナルアニメがどういう状況だったかというと、80年代OVA全盛の時代と同じ。
OVAには規制がないし、価格が高くても、お金を出してくれるファンがいるからって、クリエイターが自分の好き勝手に独りよがりな作品を作りまくったけど、全く面白くない作品ばっかりだったっていう状況と大して変わらない。

そういうヒットしない爆死オリジナルアニメの系譜を受け継ぐ作品が、最近にもあったばっかりじゃない。
ほら、フラクタルとか(笑)

何でヒットしないのか誰だって分かる。
要するにエンタメとして娯楽として面白いという前提がまずなければ駄目なんだよ。
高尚なメッセージだのテーゼだの何だのっていうのは、娯楽作品の中にあって読み取れるものでなければならない。




それからもう一つ。
これはちょっと視点が変わりますが、近年、囲い込みが完成したと言ってもいい。

BDやDVDのようなソフト売り上げだけが一つの作品の収入源というわけじゃない。
BD/DVDのようなコストが高い商品を購入するような層は、収入があってお金を自由に使えるという点で年齢層が高いですが、学生のような低年齢層だって充分な消費者であることには変わりない。
ソフトメディアを購入しなくても、コミックやノベル、グッズやCDといった物販を買ってくる優良な消費者なわけで、そういう層を早期から囲い込んで、将来的にはソフトメディアを買ってくれるような層を生み出していくっていうことを行っているわけですが、そのシステムがかなり具体的に機能してるんでしょう。

結局のところ皆で盛り上がれる作品が大好きなスイーツ(脳)レベルの消費者が、売る側すれば最も扱いやすい消費者なわけで、そういう層を量産していく体制が昔と比べて今は遥かに露骨にあこぎに出来つつあるんで、そういう事情というのも、これからオリジナル作品がヒットしていく上で考慮されていくんでしょうね。
工作とかも蔓延するだろうしね。
それをどう思うかは人それぞれでしょうが。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif