FC2ブログ

記事一覧

【アストロノーツ】極限痴〇特異点

kyokugen00.jpg

極限痴〇特異点
http://www.astronauts.co.jp/sirius/emt/


痴〇専用車両の頃から、スタイリッシュ痴〇と言われてきたこのジャンルですが、最終痴〇電車は3でスタイリッシュ路線に舵を切り、以降、痴〇というジャンルといえば、すっかりこのスタイリッシュ路線が定着した感があります。

しかし!

今作はスタイリッシュ路線はスタイリッシュ路線なのですが、本作はもっとこう純粋にスポーツマンシップに乗っ取ったスポーツマンシップ痴〇と言っても良いかもしれません。痴〇同士の友情やライバル関係などが繰り広げられる清く正しい痴〇が楽しめます!


痴〇はスポーツ(大迷惑)


主人公にとっても青春であり、痴〇達にとっては人生を掛けた青春です。


各ヒロインのルートを分割販売している所為か、完全分業制になっており、基本的にヒロインが同時に登場したりすることはありません。モブに痴〇にして、「剛」、「柔」、「極」のステータスを上げていきますが、攻略に躓くというのはないんじゃないでしょうか?

モブには使えませんが、ヒロインには必殺技が使えるので、ゴリ押し可能。

多分、普通にやっていると攻略上出すのが難しいのはヒロインが寝取られシーンだと思いますが、これはきっちりどうなると寝取られるのか冒頭で教えてくれるので、それを意識すればなんとかなります。

kyokugen05.jpg

ロ〇巨乳で声優でVtuberの中の人という属性テンコ盛りの「賀茂 伊澄」ちゃん。

意外とコミカルなパートも多く、ヒロインと主人公も仲が良かったりするので、そんなに悲壮感はありません。ただ、寝取られたり、バッドエンドや箱舟に乗せると酷い目に遭います。その選択は主人公に一任されているので、主人公が良いように扱えば、ヒロイン達は不幸にならないというバランスが取られています。

kyokugen06.jpg

パパ活なのに処女。「阿里 リン」ちゃん。
モデルにスカウトされたからパパ活止めるとか言ってるのに、生本番までしている闇営業の店でバイトしているのはスキャンダルにならないのだろうか......。

痴〇とは言うものの、主人公がやっているのは痴〇を通した、ヒロイン達のお悩み解決であり、面倒見も良かったりします。なにかあったら背後の巨大組織「蛮痴〇(バチカン)」が、その有り余る組織力と資金力でどうにかしてくれるので問題ありません。よもやカトリックの総本山が、痴〇組織の名前に使われいるとは、これにはローマ教皇も苦笑い。


個人的な話ですが、以前の記事で熟女がいないし、CVにももものぞ薫さんがいないのは珍しいのでは? とか書いていたのですが、しっかりどちっもいるじゃないか......。

でも、堕ちるのが早すぎて全然手応えないのはちょっと......。
あれだけ、痴〇達を潰す敵として登場した以上、そこはラスボスの威厳というのを発揮して欲しかった。

折角、痴〇パートでは手応えがあるのに、そこでのお触りで堕ちてしまい、エッチシーンではただのチョロインに。隠されていたラスボスの登場にワクワクしていたプレイヤーには拍子抜けかもしれません。最初に登場したときの強者感はすごかったのに......。

そこはやはり新明カノン様のように、最後まで抵抗して欲しかったところ。


そして最後には意外な真実が明らかになるのですが、あそこで終わって良かったの!?

箱船の真実、ユートピアともいえる理想郷。
一枚上手だった蛮痴〇。更なるラスボスでも登場するのかと思いましたが、そうでもなく。

そして、あの人物の設定から考えれば、最後は主人公はこれまで培ったすべての経験を生かして、その呪縛から解き放つのでは? と、思ったのですが、まさかのラストです。ある意味、衝撃のラストですが、スッキリしない......。


『カオスドミナス』くらいから顕著ですが、シナリオにもかなり力が入っており、物語が二転三転するように伏線が散りばめられています。すんなりラスボスを倒して終わらないとか、素直にヒロインと結ばれて終わらないというように、このタイミングで終わったら綺麗だけど、あえてそこからあらぬ方向に展開するといったような仕掛けが埋め込まれています。

エンディングだと思いきや、その先が用意されており、ここから続くのか!? と、そのときはとてもワクワクするのですが、その一方で、その設定や展開を昇華しきれないまま終わってしまい、そこにどうしてもこれ未完じゃない? という感触が残ってしまうので、是非最後までやり切って欲しい。

設定とかは壮大で面白いんですけど、それをまだまだ活かしきれてないというか、一つの作品で昇華しきれていない印象。『絶対女帝都市』も、俺達の戦いはこれからだENDですし、本作もこれだけ大きな世界観なら2作3作とシリーズ展開しても不思議じゃないくらい大きな物語なので、そういうところにも期待です。


あ、そうそう。とても魅力的な点としては、本作からCGの解像度がフルHDの1920×1080になりました。前作まではHDの1280×720だったのですが、解像度が上がったことでCGの精密さと迫力が増し、よりエロスが引き立っています。エロゲーは2kや4kといったところにまで対応する必要はないと思いますが、フルHDだと俄然引き立ちますね!

解像度がフルHDに対応している作品はそんなにないので、それだけでも魅力的です。


【星】
★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif