FC2ブログ

記事一覧

エロゲーは何処からがレトロゲームなのか?

bougyaku05.jpg


ふと、気になったこの話題「レトロゲーム」。


デレステにKeyコラボで「鳥の詩」が追加されたのですが、「鳥の詩」と言えば2000年に発売された『Air』の名曲であり、今から20年前の昔に発売した美少女ゲームです。他に追加された楽曲は『Angel Beats!』から選出されましたが、そんなABもアニメが放送されたのは2010年。今から10年前の古い作品(マジかよ)



如何せんデレステはデジモンといい、何かと古い作品とのコラボが多いですが、それは恐らくアイマスという作品がシリーズ全体通して、比較的年齢層の高いユーザー層を形成しているからなんでしょうね。


それはそれで別に良いのですが、では、エロゲーにおけるレトロゲームの基準は何処なのか?

意外と語られているようで語られていないこの話題。


まず真っ先に参考になりそうなのが、コンシュマーゲーム業界ですが、分かり易いレトロゲームの基準としては、だいたい皆さん2D時代をレトロだと感じるんじゃないでしょうか。

ハードで言えばファミコン・スーパーファミコン時代です。
そこから3D革命が起こり、ニンテンドー64、プレイステーション、セガサターンとなっていくのですが、管理人の個人的な感覚としても、最近の傾向としても、このニンテンドー64、プレイステーション、セガサターン時代まではレトロゲームに含まれるようになってきたかな? という感触があります。

この次のゲームキューブ、プレイステーション2、ドリームキャスト、Xbox時代に入ると、レトロゲームという気がしない(笑)

後これは重要な視点だと思いますが、PS2時代以降は現在まで焼き直しの延長線上にあり、その方向性もグラフィックの強化に傾倒した進化パターンを歩んだばかりに、レトロゲーム感がないんだと思う。むしろ逆にそういう方向にしか進化してこなかったから、目新しさがなく、今のPSのゲームが全然売れずに日本市場から飽きられ淘汰されているという現状を生んでいるのかもしれませんね。

一応、オンラインマルチプレイやオープンワールドといったジャンルの台頭もありますが、レトロゲームの範疇で考えると、ゲームキューブ、プレイステーション2、ドリームキャスト、Xboxのゲームは入らなさそう。


じゃあエロゲーで考えると何処からがレトロゲームなのか?

分かり易く分類するなら、Windowsのバージョンは一つの目安になるかもしれません。しかしWindowsはXP時代が長かったり、7は長くて8が短いなど、OSによってまちまちなのであまり参考にならないかも。

ジャンル自体もADVという固定ジャンル制が貫かれてきた為に、逆に昔の作品の方がゲーム性があったり、面白く遊べたりして、現在の方が退行している場合もありますからね。


そこで2つ目の目安として考えたのが解像度です。

480×360、640×480時代。

これは文句なくレトロゲーム感がある!
この解像度だと今からプレイするのは厳しいですからねー。

むしろ良くこの画面サイズでプレイしてたなって思う(笑)
フルスクリーンにすれば関係ないとはいえ、元の解像度が小さいだけに拡大すると粗が見えちゃうしね。

因みに画像は『暴虐の学園』ですが、2001年の作品です。
フルスクリーンには出来ません(笑)

管理人としては今のところ、この分け方が一番シックリきそう。


過去の作品をプレイすると、古いなって感じる事もありますが、エロゲーの場合は、昔はこんなに凝った作りだったのか!? っていう逆に驚くようなこともあるので、ジャンルで分けることは難しかったりします。

むしろ10年前くらいの作品なら、余裕で現在基準で楽しめますからね。
そう考えると、非常に進化の緩やかな業界ということにもなりますが、気になるのは、何処までをレトロゲームと感じるかというのは、本人の年齢によって決まる相対的なものなのかどうかということです。

だってアレだよ?
『Air』が2000年ってことは、新たに18歳になり新たにエロゲー道に踏み出した若者が生まれる前の作品ってことだからね!

そう思うと......なんか......歳を取ったものだぜ!
関連記事

コメント

No title

もっと分かりやすいのが、声優さんで判断じゃないでしょうか?

最初期・無音

第一・ 大御所な声優さん達(野〇一家等)

第二・ 長崎みなみ・ダイナマイト亜美・茶山莉子・園崎未恵・大波こなみ・一色ヒカル・北都南

第三・ 青山ゆかり・やなせなつみ・柚木かなめ・西田こむぎ・柚木涼香・羽高なる・カンザキカナリ

第四・ 氷青・風音・後藤邑子・神代岬 ・松田理沙・榊原ゆい・ひむろりゆり・あかしゆき

第五・ 清水愛・桜川・かわしま・アグミオン・木村あやか・藤村歩・卯衣・

第六・ アイマス声優の一部・生天目・伊藤静・水橋かおり・有栖川みや美・五行なずな・佐藤利奈・上原あおい

第七・ 仙台エリ・山本希望・福圓美里・長妻樹里・佐々木未来・米澤円・そよかぜみらい

第八・ 種崎敦美・桜乃ひよ・巽悠衣子・

現在・ 小鳥居夕花・夏和小・くすはらゆい・石上静香

 それぞれの世代で有名で目立ちそうな人を適当に書きました。
 名前の人達が主演とか目立つのが増えてくると様式とかブームが変わるので分かりやすいかと。
 (一部引退した人や、名前見なくなった人とかもいますけど)

個人的に第三から~第六辺りが一番面白かった時代じゃないかと。
この辺りがメーカー的にも声優さん的に戦国時代状態、第七辺りから落ち目になってきたんじゃないかと。

 エロ抜きでも面白い演技してくれる声優さんがいっぱいいるのですが、子供産んだり、ガ〇ダム・東〇系アニメ・N〇Kとかでレギュラーになるとしばらく仕事できなくなったりする声優さんがいるので。(種崎敦美さんが某アニメで主役するので再来年まで無理そう)

 

あの頃は面白かったなぁ...

多分、~2003位じゃないかな、2006~2010はエロゲー全盛期だと思いますし、一番面白いゲームが揃ってましたしね!

Re: No title

>4-5様


声優さんで判断するのは良いかもしれませんね!

今でも一色ヒカルさんとか北斗南さんの声を聴くと嬉しくなります。
この辺り、若い人ばかり求められる表声優界と違う感覚なのが面白いです。


年間500タイトルとか発売されていた頃は、年間最多出演本数みたいなのもやっていて、声優さんも沢山いましたが、最近は作品本数が激減しているので、専業でやっていける人や、昔ほど色んな人が起用されるというのが難しくなってきているかもしれませんね。

そればっかりは本当に残念です。
たまに物凄い嵌り役というヒロインとかがいて、そういうのに出会うと嬉しくなります。

あまりハードなシーンのない学園恋愛系の大作にしか出ないみたいな人もいますが、個人的にはそういった垣根なく、活躍してくれる人の方が好きです(笑)

Re: あの頃は面白かったなぁ...

>名無しさん様


2003年で調べると、『姉、ちゃんとしようよっ!』などが発売されていた年ですね。
確かにレトロゲーム感があります!🤣

エロゲー全盛期の頃の作品は、今でも普通にプレイ出来るクオリティの高いの作品も多いので、そういったところがレトロゲームという感覚が湧かないところなのかもしれませんね!

作品本数が多すぎてどうにもなりませんが、昔発売した作品も、もっとプレイ出来る環境が出来ると嬉しいです。『学園ソドム』とか今になって遊びたい今日この頃。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif