FC2ブログ

記事一覧

『けいおん!!』がアニメキャラでは史上初の首位獲得!!

★「けいおん!!」バンドがオリコン1位 アニメキャラ初

オリコンは3日、アニメ番組「けいおん!!」(TBS系)の主人公たちが組むバンド「放課後ティータイム」名義で声優5人が歌うシングル「GO!GO!MANIAC(ゴー!ゴー!マニアック)」と「Listen!!(リッスン!!)」が週間ランキング(4月26日~5月2日の集計)でそれぞれ1位と2位になったと発表した。アニメキャラクターによるシングルが首位を獲得したのはオリコン史上初めてという。

「けいおん!!」は、かきふらい原作の4コマ漫画が原作で、昨年アニメ第1期が放送された。高校の軽音楽部でバンド活動に打ち込む少女たちの姿が人気を呼び、主人公の平沢唯役の豊崎愛生(あき)らが「放課後ティータイム」として歌う主題歌や劇中歌を集めたアルバムも、昨年7月に1位を獲得した。今年4月に第2期の放送が始まり、オープニング曲「GO!GO!~」とエンディング曲「Listen!!」が4月28日に発売された。

■ソース(朝日新聞)

http://www.asahi.com/culture/update/0504/TKY201005030365.html








水樹奈々さんが、ついにオリコン1位を獲得したことで話題になってから、ここまでくるのにアッと言う間でしたね。
これを単にアニオタが買ってるだけとか、邦楽が壊滅してるとか、そういった雑な見方ではなく、ちゃんと考えてみたいと思います。


まずは、おめでとうございます(笑)
オリコンも遂に陥落ということで、これまで結構怪しげな補正効果によって、なんとかアニソンが1位になるのは食い止められてきたみたいな感じでしたが、1.2位独占という、これはやっぱり素直に快挙なんだと思います。

アニソンっていうジャンルがあります。これをどう捉えるのか?
ここがまず一つのネックです。アニソンというと、音楽の1ジャンルとして、狭い範囲でコアなファンが熱烈な支持をしている、そんな認識なのではないでしょうか?

この認識はまず間違っていませんが、それはあくまで一般音楽市場から見たときのアニソンというジャンルの位置づけであって、実はもう一つ見方があります。


中にいると案外分からないものですが、オタク層と呼ばれる私達は、オタク市場という1つの市場を作り出しています。この市場は当然ですが、一般市場とは別の価値観、判断基準、優先順位、全く違ったルールで動いています。
私達にとってアニソンというのは、そのオタク市場の中にある音楽という分野の1ジャンルというべきものでしょう。
私達の音楽は、アニソンだけじゃありませんよね。初音ミクだとか、声優ソングとか、キャラソン、ゲーム主題歌、エロゲーソング、ガールズポップミュージック、同人音楽、様々にあります。

これは何も、オタクだからオタク市場というものでもなく、自分自身がどういった趣向のものを好むのかという点で別れています。
別にオタクじゃなくても、好んでこうしたジャンルの音楽を聴いている方もいますし、だから裾野が物凄く広い。

一般市場でアニソンとカテゴライズされるときには、これら全てがほぼ一緒くたに含ますが、こう考えると、アニソンというか、オタク向け音楽市場の裾野というのは恐ろしく広く、また多様です。

ここから分かるのは、オタクにとって音楽というジャンルはごく身近なものであるということでしょう。ジャニオタとかもそうなんですが、市場優位性がどう変わってきているのか。
音楽会社やオリコンなどが想定している一般層と比べると遥かに、私達の方が音楽に近い所にいるのではないでしょうか。
それを一つ証明しているんじゃないかと思うデータがあります。

1位 残酷な天使のテーゼ (高橋洋子)
2位 magnet (minato(流星P) feat.初音ミク、巡音ルカ)
3位 裏表ラバーズ (wowaka feat.初音ミク)
4位 また君に恋してる (坂本冬美)
5位 メルト (supercell)
6位 ワールドイズマイン (supercell)
7位 春夏秋冬 (ヒルクライム)
8位 ロミオとシンデレラ (doriko)
9位 炉心融解  (iroha(sasaki) feat.鏡音リン)
10位 キセキ 《PVカラオケ》 (GReeeeN)
11位 Butterfly (木村カエラ)
12位 Just Be Friends (Dixie Flatline feat.巡音ルカ)
13位 創聖のアクエリオン (AKINO)
14位 ライオン (May'n/中島愛)
15位 Love Forever (加藤ミリヤ×清水翔太)
16位 キセキ (GReeeeN)
17位 Best Friend (西野カナ)
18位 ブラック★ロックシューター supercell
19位 1925 (冨田悠斗(とみー/T-POCKET) feat.初音ミク)
20位 One Love (嵐)

JOYSOUND週間ランキング 2010年4月19日~25日付け



カラオケで歌われている曲のランキングですが、とてつもないVOCALOID率(笑)
ここまでくると、単にオタクだけが歌っているというよりも、VOCALOIDなどの楽曲は、もっと幅広く一般的に普及していると考えた方が適切でしょう。


オタク市場というものが拡大してきて、そうした動きの中で、一般市場同様の事が起こってきました。
自分達の世界の中でのアイドルの存在や、芸能と言った分野、アイドル声優とかもそうですよね。
私達は、ライブやイベントにごく普通に参加しますが、そういったものが自分達の市場の中で行われる事によって、自給自足的に、楽しめる。
最早ここらで完全に、一般市場との接点が途切れ始めてきています。

つまるところ、いま起こっているのはこの2つの市場の力関係の変化、総合的なパイの大きさがどう変化しつつあるかという問題です。

オタク市場というものは、その性質上、あらゆるものを取り込んでいきます。ミクの痛車がGTグランプリを走るなんて、金曜日にアキバで集って喋った頃の初期の痛車ブームの頃からしたら考えられなかったし、音楽に話を戻せば、80.90年代のオリコンチャートの1.2位がアニソンの主題歌になるなんて、誰も思いもしなかった。

車や音楽というジャンルは、特に一般性が強いと思われていたジャンルだっただけに、これらは傍からみたら侵食されてるように見えます。どんどん一般社会を取り込みつつある。
こうしたことは、実際にはオタクの活動が多様化したからに過ぎませんが、競馬で○○誕生日記念なんてやる日が来るなんて未来を想像した人がいたでしょうか?


もはや誰がマイノリティでマジョリティなのか。
少なくとも力関係は既に逆転しています。こうやって2つの市場がある以上、既にオリコンなんかでアニソンがどうのこうのなどというレベルはとっくに終っています。私達は、【普通】に『けいおん!!』の主題歌を耳にする事はあっても、なかなか他にランクインしている邦楽JPOPを聴く機会がない。普通に暮らしているのに、そうなってしまうくらい、実はベクトルがズレてるんですねぇ。

アニソンなどと一括りにしても、アニソンを専門に歌って活躍するシンガーの人だっています。ポップミュージックだけではなく、バラードだってあるし、どんなジャンルだって存在しています。
だからこそ、わざわざ邦楽やJPOPを聴こうなんていう気が起こらないので、こうした一般の音楽市場からは、アニソンだったりキャラソンだったりというようなものは冷遇されてるというか、完全に排斥されています。
いくらMステのオリコンCDランキングで1.2位が『けいおん!!』だったりしても、それに言及するわけには如何のです(笑)
これに言及してしまうと、それより下のランキングの人が(´・ω・`)ショボーンって事になるじゃないですか。


こちら側から見ると、邦楽JPOPを聴いている層に、CDを買ってライブにも脚を運んで、っていうような熱意があるように思えないんですよねー。
ここら辺にCDが売れない理由があるんでしょうが、それを「違法DLがあるからCDが売れない」なんていう責任転嫁は、甚だしいので、早急に止めた方が良いと思いますけどね。
CDが売れない&オリコンがアニソンばっかりになってから、途端に着うたランキングとかご都合主義の指標を持ち出して、現実逃避してましたけど、そんなことばっかり言ってるから、落ち込んでいくばっかりなんですよ。
この人達は、CDを売りたいんであって、音楽をどうしたいのかが全然分からない。だから誰も聴こうとしないんじゃないでしょうか。
まぁ、これは私達が気にする事ではありませんけど。



しかし、こうして振り返ってみると、本当に大きくなったものだと実感します。
今や、声優がドームや武道館でライブをする時代ですもんね。それを受け入れるだけの体力が備わったということでもあり、嬉しい限りです。
ミクのライブにしてもそうですが、常に新しいものを求める姿勢とか、そして最も大切なこと、自分が好きなものを好きでいる、その真っ直ぐな気持ちがあるから、強いですよね。


今回の『けいおん!!』がオリコン1.2位を独占というニュースは、非常に感慨深く、そして象徴的な出来事だったのではないでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif