FC2ブログ

記事一覧

【アストロノーツ】上倉雛のヒミツ ~ごほうびは私のカラダ♪~

kamikura00.jpg

上倉雛のヒミツ ~ごほうびは私のカラダ♪~
http://www.astronauts.co.jp/comet/hina_himitsu/index.html


そりゃあ、おっぱい触らしてくれるっていうなら頑張るよね😊


古来より『おっぱいバレー』然り、成績を上げる為に最も単純で効果的な事はやる気を引き立てる事。そしてやる気を引き立てる事に直結するのはリビドー、そう、欲求なわけで、成績が上がったらおっぱいを触って良いとなればこれは頑張らずには要られない。人間って、案外そういう単純なモノなんや......。

ということで、『上倉雛のヒミツ ~ごほうびは私のカラダ♪~』。
アストロノーツ・コメットさんによる新作で、前作『椎名真穂の秘密』と世界観が直接繋がっている同じ舞台での話です。

前作で、冒頭に主人公を大家さんと引き合わせた親友ポジションのサブキャラクターだった上倉雛ちゃんがメインに。前作ではヒロインは1人だけだったので、サブキャラクターとして攻略出来ないヒロインを登場させる必要ある? とか思っていたのですが、その上倉雛ちゃんが次回作のメインヒロインとなるバトンタッチ方式が採用されています。

この1作目→2作目の流れから、本作に登場する主人公の妹、桃羽ちゃんが次回作のヒロインになるのでは? と、事前に予想していたのですが、それがまさかゲーム内でここまで明示的に示されるとは(笑)

より描写がハッキリしたというか、完全に意図的にそうなっており、クリア後に本編中には登場しないシーンが開放されるのですが、そのシーンで、うっかり自分の自慰シーンを配信してしまった桃羽ちゃん。慌てて消したものの視聴者数は1人となっており......というところでシーンが終わります。

これはもう完全に次回作への「予告」であり、次回作ではその配信を見たであろうたった一人だけの視聴者である主人公と桃羽ちゃんのストーリーが展開されるんでしょうね。

本作でも本編中に登場したメインヒロイン以外の女性キャラクターが次回作のヒロインになるというバトンタッチ方式が、前作より分かり易い制度化された形で示されているので、こういう繋がりを持たせる手法というのは面白いんじゃないでしょうか。

ボリューム的にも開発にそこまで時間が掛かるタイプの作品ではないミドルプライスのゲームですし、こういう連続性というのは新鮮な手法で意欲を感じます!

kamikura01.jpg

前作もそうでしたが、ビジュアルも特徴的です。
前作の場合は、大家さんがふくよかなナイスバディだったのでまだそこまで目立っていませんでしたが、本作の上倉雛ちゃんは水泳部に所属するバリバリのアスリートということで、腹筋もよりバキバキに。超スレンダーボディの美人となっています!

シックスパックなヒロインとかロマンありすぎ......。
それで言うと下世話な話として、陰毛描写も珍しい形の描写になっており、美少女ゲームにありがちなテンプレ的なヒロイン造形とは一線を画す、個性的なビジュアルになっているので、とても印象的です。先鋭的な姿勢、(・∀・)イイネ!!

シナリオは、要は『おっぱいバレー』なので何も言う事はない(笑)
羨ましい(血涙)となるくらいなのですが、全体的にシンプルにまとまっていながらも、次回作への布石も打ちつつという、先を見据えた作品作りになっている手堅い作りが魅力。

エロゲーに限らずゲーム業界ではどのメーカーも陥りがちですが、大作偏重主義に偏りいつまでもソフトが出せないということになちがちです。本当にそれが望まれているのかという事とは別に大抵何処もそうなっちゃうんだよね。

CSでも今世代では、GTAもTESも新作を出せていないわけで、前世代の移植で繋いでる始末。結局、現行世代をスキップする形になることは確定ですが、そんなゲームばかりになったらどうなるか? そもそも市場の維持が不可能になるだけです。10年に1度大作が発売されますって言われても、その間は誰が市場を維持するの?っていう事になっちゃう。

大作も良いですけど、その間を繋ぐという意識もないと続きません。そういう意味では、アストロノーツさんはシリウスさんが大作を担当する中、コンスタントにコメットさんが作品を発売していくというような現行のスタイルは、ようやく一つ落ち着いた形になっているというか、話題も程々に途切れないし良い感じなのでは? と思います。

初年度の3チーム構成の頃が一番バランスが取れていたのですが、再び『あおぞらストライプ』や『魔導書の司書』のような系統の作品にも期待したい!


【星】
★★★★★★★★☆☆
関連記事

コメント

No title

個人的ですがアストロノーツさんのゲームの中で現在のコメットの路線が一番好みです。ゲーム性が高いシリウス路線もプレイしていますが(新作はまだ購入できていません…)、最近のコメット路線のベタというか王道的な学園エロというストーリーをたまにプレイすると、なんというかホッとします。普段、変化球なストーリーや伝奇、ハードエロなどを主食としているせいでしょうかw
会社全体の体力や製作期間、製作人数などの都合はあるとは重々承知していますが、以前のようなミドルプライス(できればフルプライス!)でボリュームある作品を制作していただけたらなあ、と希望しています。ヒロイン一人だと、テーマ(エロのシチュなど)を絞れるのは良いですが、複数ヒロインの作品でプレイしたいです。今作の原画師・たいのねさんのお描きになる、ムチっとして肉感的な非常にエロい絵が好みドストライクです!

コメントありがとうございます!

コメットさんのこのシリーズ(?)は、真っすぐでシンプルながら安心感のある楽しいストーリーになっていますね!

どうしても心が安寧と癒しを求めるというか、どうしようもなくこういうただ幸せなストーリーの作品をプレイしたくなることがあるというのは人間の面白い部分じゃないでしょうか。脳が破壊されるジャンルは駄目です😂

ビジュアル的にも特徴的で差別化出来ているのが良いですよね!
なかなか他にはないビジュアルなので、つい気になってプレイしたくなります。

2000円の価格帯でロープライスなら良いんですけど、それより一回り高いミドルプライスであることを考えると、せめてヒロインは2人だと嬉しいです。最近はフルプライスだと専らシリウスさんのチームからしか発売されていないので、また他のチームからもフルプライスの作品が出ると良いですよね!

フルプライスだとやっぱり5人くらいはヒロインがいて欲しいです(笑)

雛ちゃん可愛かったですねー
競泳水着が素晴らしい!
声も最近良く聞く方でかなり気に入っています(笑

リレー形式でヒロイン交代は面白いですね。
これからあなたを奪うから!も良かったのっでひと段落ついたらまた複数ヒロインでお願いしたいですが。

コメントありがとうございます!

>天様


素直に良いゲームですよね!
ビジュアル面での差別化も出来ていますし、ヒロインも可愛くエロいというエロゲーらしいエロゲーに仕上がっているので、単純に遊んでいて楽しいのが嬉しいです。

CVの風花ましろさんは、ライトな作品からハードな作品まで選り好みせず出演されているので、それだけでもう有難い存在です(笑)

心象として、自分に得になる美味しい作品にしか出演しない表声優の方より、忌憚なく様々な作品に出演してくれる声優さんの方が好感度が高くなるのがエロゲー業界の特殊な所じゃないでしょうか😅

次回作では多分、妹の桃羽ちゃんがメインになるんだと思いますが、ヒロインが3人くらいになってくるとボリュームとしても満足感が出てくるので、それくらいの中規模ソフトも出ると良いですよね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

高木さん

「最高に都合のいいパイズリ上手のマリーさん」2020年2月28日発売!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif