FC2ブログ

記事一覧

【ねこねこソフト】みずいろ

mizuiro.jpg




遂に振り返りも15年を超えたか......。


ねこねこソフトさんの名作『みずいろ』。
『銀色』から一転、透き通るような空の青さと切ない恋愛が描かれる大ヒット作。

なんと発売は2001年ということで、今から18年前!
15年を超えてきて20年前に差掛かろうかというくらい前です(笑)

流石にこれだけ前だと、懐かしいという人より、こんなゲームがあったんだという人の方が増えるくらい時間が経っているので、本来であれば未プレイの人が多い方が業界的には健全です。懐かしいとか昔プレイしたことがあるという人が多いということは、それだけユーザー層が入れ替わってないということですからね。知らない人が多い方が入れ替わりが起こっているということなので、そういう意味でも一つ20年というのは文化として世代間の交代が起こる期間なんじゃないでしょうか。


大ヒット作だけあって派生も色々とあり、「まじかる☆ひよりん」やら「やかま進藤」やら「サテライトキャノンリボン」ヒロインに関するネタも豊富です。本編はかなりシリアスなんですけどね(笑)

るんらら~

王道の幼馴染ポジションとして、日和ちゃんが一番人気になるかと思いきや、義妹の雪希が大人気でした。
後に発売されるファンディスクは勿論、ねこねこソフトさんの新作にオマケで雪希ちゃんとのにゃんにゃんシーンが追加されていたりしました。本編はシリアスになりがちなねこねこソフトさんだけに、それ以外の部分ではギャグ要素が強かったのも印象的です。

日和ルートでは、このルートだけ日和ちゃんが幼い頃に引っ越しており、同級生として存在しません。

主人公はクローゼットから出てきた日和ちゃんの生霊と恋愛していくことになります。
ちゃんと日和ちゃんは生きており、後に出会うことになるのですが......。

雪希ルートでは、幼少時、主人公が渡した指輪がキーアイテムに。
本当はその指輪は日和ちゃんが貰うべき物だったのを雪希ちゃんは渡さず自分のものにしてしまった。
幼い頃のその負い目をずっと抱えている正統派義妹ヒロイン。

この辺から幼馴染や妹ヒロインの基礎みたいなものが確立されていったように思います。
現代的価値観、エロゲー的価値観によりヒロインの成立過程に大きく寄与した作品じゃないでしょうか。


面白い部分としては、過去編と現代編に分かれており、過去に起こした行動によってヒロインの性格だったりポジションだったりが変わるという点です。

過去に選んだ選択肢で日和ルートに入ると、現代では幼馴染として日和ちゃんは登場しない。
進藤ルートとそれ以外では性格が正反対になる理由など、上手く落とし込んでいます。

何を置いてもOPが素晴らしく、しかしOPを歌われていた佐藤ひろ美さんは歌手活動を引退。残念です。
ねこねこソフトさんはこの作品の大ヒットで一躍有名になり、コミケの企業ブースでも一時期は最大手となり、大行列で6時間待ちとかいうときもありました(笑)

なんとも懐かしい作品ですが、他に有名な点としてはHDD初期化という不具合も......。
まぁ、それは直撃した人もそう多くないと思いますけど。


【当時のゲームを今の基準で評価することは難しいので星表記はありません】
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif