FC2ブログ

記事一覧

【アストロノーツ】これからアナタを奪うから!!! ユウワク・ソウダツ・シスターズ

korekara00.jpg

これからアナタを奪うから!!! ユウワク・ソウダツ・シスターズ

http://www.astronauts.co.jp/comet/koreuba/


『ギルドマスター』が延期になる中、やや唐突に発表された印象のあるアストロノーツ・コメットさんで『これからアナタを奪うから!!! ユウワク・ソウダツ・シスターズ』。

これが実に素晴らしい!
腹筋と足の描写に並々ならぬ熱意を感じます!

korekara01.png

korekara02.png

フェティシズムとはさもありなんというこの筋肉質なボディが最高です!
腹筋が割れているマッチョ体質でありながら、それが健康的であり、ガッツくらいまで行くともうやりすぎ路線に入ってしまいますが、本作は実に特徴的な絵柄となっていて非常に見栄えが良いですね。

何よりエロい!

実はフェティシズムという要素は、エロゲーにおいて失われつつあった要素でした。
それは何故かというと、美少女ゲームがブームになると、何が起こったかというと、ヒロインの量産化です。
その量産化とは何を意味するのかといえば、それはヒロインの簡略化に他ならない。

だから、美少女ゲームブームというものが起こる前のゲーム、それこそ脱衣麻雀とかまで遡っても、それが今でも圧倒的にエロく感じるのは、脱衣というフェティィズムにエロさがあったからで、そしてそれがアニメーションするから脱衣麻雀はあんなにエロかったわけですよね。

ゲーセンで理不尽な上がりをされても必死に連コインしたくなる魅力がありました(笑)
他方、美少女ゲームがブームになりその数が一挙に増えた中で、脱衣麻雀のゲームなどもありました。
しかし、そこにはフェティシズムが完全に失われておりまるでエロくなかった(泣)

つまりそれは脱衣というものをただ単純にCGの差分によって表現しても、それはもう本来の意義を失っています。
勝負に負けて、自ら脱ぐその一連の行為行動がエロいのであって、それを無味乾燥的にCGの差分で表現しても何もエロくないんですよ。

それこそ名作『遺作』などのゲームでは、やたらカットシーンや下着を覗き見るようなシチュエーションが豊富でしたし、それを追求したのが盗撮ゲームの『臭作』ですが、下着などを描写するカットが非常に多くあります。

そういう細部に拘るエロス、それがフェティシズムなんだと思いますが、簡略化というのは正反対なんですよね。
美少女ゲームブームのときに求められたのは、ヒロインを全てにおいて簡略化すること、それは性格もそうですし、容姿もそうですし、エッチシーンそのものもそうでした。それによってヒロインを記号化することで量産し易くなる、大量生産出来るようにしていたのですが、そんなの全然エロくない!

フェティシズムというのは、むしろその逆、複雑化にあり、簡略化とは方向性が180度違います。
話を戻すと、腹筋や足に並々ならぬ拘りがあるからこそ、特徴的でエロいんですよ(笑)

だからようやくこの本質論に帰りつつあるというか、そういうことをもっと体系的に考える必要っていうのは、今後のエロゲーのクオリティを決定付ける重要な要素になるんじゃないかと、そういう気がしています。


閑話休題。


主人公は何だかんだ言いながらもお節介な世話焼きで、長年姉のように接してきた「みたま先生」は、そんな主人公の事が大好きであり、ずっと一緒にいたいなーなんて思っています。

「綾先生」も外見に反して気弱だったりする自分を唯一正面から受け止めてくれる主人公が大好きであり、めっちゃ好き好き大好きながらも、学生の間は主人公に気持ちを伝えるのは止めようと「みたま先生」と協定を結ぶことに。

しかしそこに「学生? そんなの関係ないね!」とばかりに即座に肉体関係に及んでしまう「パティ先生」の登場で、3人の女教師と主人公との関係が大きく動き出すことに......。

という流れで進んでいくのですが、アストロノーツさんがアトリエかぐやさんのイズムを引き継いでいる分家だと思うのが、こういう長年の関係性の変化を伴いヒロイン同士が拮抗する展開の作品は、基本的には冗長になりがちです。特にプロローグ部分がかなり長くなる傾向にあるのですが、本作ではあっという間に全員と関係してしまうという(笑)

このスピィーディーさは重要な要素です。
ボリュームという点で言えば、長い方が安心出来るじゃないですか。
コンシュマーゲームとかでもそうですが、EDまでのクリア時間を一つの売りにしていたりして、それが長いほど、ボリュームがあるとされるのが一般的です。しかし、本当にそれが面白くてボリュームがあるかというとそうではない。ただ単にボリュームの水増しをしているだけのゲームがかなりの割合を占めているのも事実です。

だからこそあえてテンポ良く収めるということに拘れるというのは、これは結構難しいというか、全体像をみて、適切なボリューム感覚というのを持ってないと中々実効出来ないと思うんですけど、その点、本作はダレないし、エッチシーンも良い塩梅で挿入されていくので、ラストまで一気にクリア出来ます。本来あるべき適切なバランスに仕上がっています!


それにしても、パティ先生の紹介文には、「確かに股はゆるいが、下品で淫乱というわけではなく、そんなことをするのは気を許した相手だけ。」と書かれているので、ある程度、経験はあるんだろうと思いきや、

処女なのかよ!

主人公に出会って早々一目ぼれし、いきなり夜這いをかけるアグレッシブな破天荒ヒロインなのに、それでいて実は処女だったというのは違和感がすごい(笑)

経験豊富なお姉さんとかだったら、気に入った主人公にちょっかいを掛けるとか、そういうのも分るんですけど、ヒロインの紹介文からもまさか処女だとは思わなかっただけに、現在のエロゲーにおけるヒロインに課せられた宿命めいたものを感じずにはいられない闇ですね。

個人的な部分でいえば、CVでみるさんが年上ヒロインというだけで、ただただ喜ばしいです(笑)
そこはもう一も二もなく拍手喝采したいところ。

全体的にとても遊び易く、ビジュアル面も特徴的でエロく高いクオリティでバランスよくまとまっています。
これが何か一つでも欠けると、途端に凡百な作品になってしまうと思うのですが、そこがセンスですよね。

M&M先生が作品を手がけているシリウスさんがどうしても大作傾向で時間が掛かりがちなので、その間にもっとこういった作品がタイミング良く発売されると良いのですが......。

『ギルドマスター』も延期しなければ11月発売と、本作と2ヶ月連続発売という偏ったスケジュールだっただけに、本来であれば連続するより、3ヶ月毎や半年毎に発売される方が話題の継続性といった点からも有用なだけに、中々難しいところではありますけどねー。

『青空ストライプ』などのような作品もまた期待したいものです!


【星】
★★★★★★★★★☆



関連記事

コメント

No title

まさに主人公争奪戦でまさか選択しなかったヒロインがアプローチを仕掛けてくるとは…なかなかないシステムだったので面白かったです。
パティは自分もびっくりしました。
それでいて友人に抱きついたりするしそこはなんかあべこべに感じましたね~。

ただシナリオでは普段おちゃらけてるように見えて主人公のことを真面目に考えている大人の余裕を見せてくれたのがとてもよかったです、金髪巨乳最高!(笑)

コメントありがとうございます!

>天様

プレイヤーが一番しんどいやつですね!
選ばなかったヒロインがアプローチを掛けて来る(笑)

パティ先生は非処女だった方が本来の性格とかヒロイン像としてはしっくり来るのですが、忖度というかユーザーにとっては嬉しい配慮というのか、ヒロイン像として自然なのと、処女なのどっちが良いかって言われると一概には答えづらい究極の質問です。

開放的で朗らかな性格ながらキッチリ大人でもあるのが良かったですね!
いつも思うんですけど、外国人ヒロインは良くああいう胡散臭い日本語で喋りますが、実際に日本に来ている外国人がああいう喋り方をしているのを見た事がありません(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif