FC2ブログ

記事一覧

【規制論】漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に、東京都の青少年育成条例改正案

東京都が都議会に提出した「東京都青少年の健全な育成に関する条例」(青少年育成条例)の改正案をめぐり、ネット上では内容を危惧する声が高まっている。アニメや漫画などに登場する18歳未満のキャラクターも「非実在青少年」と定義し、内容によって不健全図書指定も可能になっているなど、従来から踏み込んだ内容になっている。議会での審議は近づいており、ネットではアクションが広がっている。

都の改正案のポイントは、「青少年の健全な育成」に対する考え方の拡大だ。改正案では、18歳未満の青少年が、性的対象として扱われている書籍や映画などを「青少年性的視覚描写物」と定義。その上で、「青少年性的視覚描写物をまん延させることにより青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべきでないこと」を都の責務だと規定している。

改正案は、漫画やアニメなどの登場人物のうち、服装や所持品、学年、背景、音声などから「18歳未満として表現されていると認識されるもの」を「非実在青少年」という新語で定義する。

その上で「非実在青少年」による性交などを「みだりに性的対象として肯定的に描写」することで「青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」も、不健全図書に指定できるようにした。従来の基準に該当しない漫画やアニメでも、「非実在青少年」による性行為などを描いている場合、不健全図書に指定される可能性がある。改正案が「非実在青少年」表現の不健全性の基準として、「青少年の性に関する健全な判断能力の形成」を阻害するものという、人格と価値判断に踏み込んだ基準を設けたのも特徴だ。

「青少年性的視覚描写物」への制限と同様、児童ポルノについても、都は根絶のために環境整備に努める責務があると規定。「何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する」として、児童ポルノ法の改正をめぐり議論になっている単純所持規制についても踏み込んだ内容になっている。
都で施行された場合、全国に影響が広がる可能性もある。(抜粋。本文はかなりの長文です)

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103.html


もうこの手の話に言及するのは何回目か分からないんだけど、何回でも言うけど、とにかく行動しろ。
ネットでいくら不平不満を吐いてても何にもならない。手紙を書くんでもいいし、メールを送るのでもいい。とにかく行動しろ。選挙で選ばれている議員にとって、これは思ってる以上に効果があります。
自分達が好きなものくらい、自分達で責任持って守るくらいの気概を持ってないと、どんどんこういう異常な事態になっていきます。そうさせないためにも、自分が出来ることくらいしていきましょう。

こうした法案に賛成する議員の人、全てが法案の趣旨を全て理解して賛成している訳ではありません。精々、誰かがこう言ってるるんだから正しいんだろうなんていういい加減な理解しかしてない人も多いです。
では、『誰が』『何を』をしようとしているのか?
こうした部分をハッキリ認識しておく必要があります。

因みに、児童ポルノ規制法案もそうですが、これらの規制運動を推進してるのは全て同じ団体です。ECPATは論理的整合性も欠片もない基地外フェミの規制団体ですが、さらに性質が悪いのは、内情を探ると、自分達の活動資金を集める為に、こうした規制騒動を煽って推進してるフシもあります。

『非実在青少年』
すべての物事について言えることですが、誰も聞いた事の無いような言葉いきなり出てきたり、新しい定義が急速に作られたときなどは、往々にして歪んだ力学が働いています。当然この『非実在青少年』などという意味不明な言葉、基地外じみた定義を見ていても明白ですが、こうしたものが自然に存在してるものの姿をどんどん歪めていく元凶です。
そもそも、声優の演技まで規制するなどというような内容は、最早カルトとしか言いようがない異常なレベルに達しています。こんなものが議論の壇上に上がるということがまず、そこにいる連中が如何に異常者なのか良く分かる。


この問題においては、まず表現規制という話の前に言及しておく事があります。
東京都知事である石原慎太郎氏の発言ですが、とても自身が作家とは思えないような常軌を逸した発言をしています。

「次いで、青少年健全育成条例の改正に付いてでありますが、 児童ポルノや子どもへの強姦を描いた漫画の蔓延を、「見て楽しむだけなら個人の自由である」「如何なる内容であっても表現の自由である」と、許容する事は、これは自由の履き違えで正にありまして、青少年を守り育てる大人たちとしての責任と自覚を欠いた未成熟な人間の自己保身に他ならないと思います。」

この発言は一見すると正しい事を言っているように見えます。しかし、「見て楽しむだけなら個人の自由である」「如何なる内容であっても表現の自由である」これらを許容する事は、自由の履き違えである。この認識は、むしろ石原慎太郎が自由を履き違えています。表現の自由や、例えば、煙草を吸うなどというような、個人に認められている自由の範囲は、それが他人に迷惑を及ばさない範囲で最大限に認められています。であるならば、例えばこうした漫画を読むことが義務になっている。例えば、全ての国民は全ての漫画を読む必要があるなどというような、強制的にそれを読まざるを得ない、そうした状況の中で、こうした漫画があると不快感を感じるというのなら、この発言は成り立ちます。

しかし、表現規制などと言う前に、人には取捨選択というものが自由があります。読むか読まないかを自分で決める事が出来るのです。煙草だって吸う吸わないは個人の自由です。その副流煙が迷惑になるからと、分煙が進んでも、吸う権利は誰にも侵害することは出来ません。にも関わらず、それが存在しているだけで有害であるなどというのは、基地外団体であるECPATならいざ知らず、選挙で選ばれているはずの都議会議員や、PTA、作家であるはずの都知事までもが、この不見識。認識を履き違えていると言う他ありません。

まさに傲慢極まる態度と言えるでしょう。この浅ましさ、驕り、醜悪さ。子供の事を真剣に考えているなら、何故、こうした部分のみが見えてくるのか、まさしく、それこそが正体としか言いようが無い。


必ずしも表に出てくる情報だけが真実というわけでもありません。
特に、東京都はアニメや漫画を日本文化として大々的に扱っています。東京国際アニメフェアなどのイベントも多数あります。その傍らで、こうした所謂、ダークな部分があること、それがマイナスのイメージとして働く事もあります。故に、それを潰したいそういう心理が働いているのは明白です。

しかし、表現というものは表裏一体であって、すべての色んなジャンルを含めてアニメであり、漫画です。
ジブリだけがアニメなんでしょうか? ポケモンだけが世界中に受けているのでしょうか?

全てを含めて日本文化という形でのサブカルチャーです。
綺麗なものだけ扱いたい、それはただの偽善であり、欺瞞です。そんなものが見たいならディズニーでも見てろ。

そんな事を今更主張しなければならない馬鹿馬鹿しさにウンザリしますが、それが必要ならいくらでもやりましょう。


間違えてはいけないのは、何もやらない事だけです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif