FC2ブログ

記事一覧

【chien】委員界の異端者 ~IINCHO-Re.co~

iinchore.jpg

委員界の異端者 ~IINCHO-Re.co~
http://www.chien.jp/chien10/


なんじゃこりゃぁぁぁぁあ?


実はひっそり生きていた「chien」さんによる『委員界の異端者 ~IINCHO-Re.co~』。
2006年に発売された『委員長は承認せず! ~It Is a Next CHOice~』をベースにしたリブート作品です。

ハッキリ言って95%くらいの人にとっては全く意味不明な内容じゃないでしょうか?
超展開、電波シナリオの域に突っ込んでおり、支離滅裂で何をやっているのかまるで分かりません。

というかまず、『委員長は承認せず!』のリメイクであるという事実を前提に踏まえる事が重要です。

  • 1ビジュアルは完全新規作成
  • 2シナリオは完全書き下ろし! そして新規ヒロイン追加!
  • 3もっともっとイチャラブを! エッチシーンの追加!
  • 4舞台背景を説明する「IINCHOシステム」

Amazonの商品紹介にアピールポイントが書かれていますが、シナリオが完全書き下ろしということは、誰も知らない新作のはずです。しかし、新規ヒロイン追加という、たった1行で矛盾を孕んだこの文章。

iinchore02.jpg

一応、ヒロインは『委員長は承認せず!』に登場したキャラクター達が続投していますが、シナリオは大きく変更されており、過去作とは全く違った内容になっているので、名前だけ同じ別人という感じ。

エッチシーンの追加とか言われても、何が追加されているのか誰にも分からないよね?
『委員長は承認せず!』はあくまでベースになっているだけで、キャラデザもシナリオも含めて大きく変わっているので、アピールポイントが何をアピールしているのか不明です。

つまり、もう説明から何を言っているのか分からない作品というどうしようもないw
本作の致命的な点は、この作品内で提示される情報のみだと、この作品に対する理解が5割程度しか得られないという決定的情報の不足にあります。

まず、委員会が巨大な権限を持っていて、学園の全てを決定付ける『委員会』システムとは何なのか?
何故、学園にテロリストが跋扈しているのか、そして主人公が唐突に仮面カンサーになるのは何故なのか、そして黒幕の犯行動機等々......etc

世界観そのものである作品の根幹に関わるこれらの事が、作中で語られているようで全く語られていない為、強引にその方向に進むばかりで何をやっているのかまるで分からない。そうした重要な殆どの説明がオミットされており、省略されていて一足飛びでストーリーが進んでいく為、プレイヤーが作中の設定を理解出来ず、著しい情報の欠落により置いていかれるばかりです。

iinchore01.jpg

そもそも学園の名前は「界嶺学園」だったはずだが、名前変わっとるやんけ!

因みにこの誤字である学園名、倫応学園は『委員長は承認せず!』の学園です(笑)


95%の人は理解出来ないと書きましたが、じゃあ残り5%くらいはどういう人なら理解可能かというと、『委員長は承認せず!』をプレイしたことがあり、かつそれだけではなく、その世界観を引き継いだ作品『RGH ~恋とヒーローと学園と~』をプレイしたことがないと、この『委員界の異端者 ~IINCHO-Re.co~』を正しく理解することは不可能というプレイヤーに過去作の知識を求める内容になっていて、そんな人がどれだけいるのやら......。

つまるところ、学園の詳細な設定などは、『委員長は承認せず!』で説明されているのですが、本作ではその部分をカットしている事が問題です。リメイクだからカットしても良いなんて事にはなりませんし、ましてや2006年発売の、『委員長は承認せず!』から早12年。

プレイしたことがあるプレイヤーはもう殆どいないのでは?
『RGH ~恋とヒーローと学園と~』にしても2010年発売なので8年前です。


『委員長は承認せず!』では、一般的な学園モノで共通する設定となっている主人公の親友というポジションのキャラクターが、腐った委員会システムを破壊する黒幕のテロリストであるという衝撃の斜め上展開を迎えます。

そして『RGH ~恋とヒーローと学園と~』とでは、黒幕の犯行動機は“学園を楽しくする”というものなのですが、じゃあ何故犯人が、ときに主人公やヒロインを不幸に陥れてまでも起こしてきた幾つもの事件が学園を楽しくすることに繋がるかといえば、こうした美少女ゲームにおける学園でありがちな、ドタバタな学園生活を演出する為に、黒幕の犯人はあえてそれをやるわけです。

つまるところ、普通の学園生活なんて基本的には何も起こらないし面白くないものなんですよ。
リアル世界の学園生活なんて、そうそう大事件なんか起こらない。


大騒ぎするような馬鹿げたことは起こらない。でも、ゲーム世界の学園生活って、常に事件に溢れていて、その中で恋愛があったり、事件解決に奮闘したりドタバタが繰り広げられるじゃないですか。

起こらないなら、自分がピエロになって事件を起こせばいい。
それが、学園生活を面白くするという黒幕の犯行動機となっていて、ある意味で、美少女学園モノのアンチテーゼとして作られていました。

ネタバレすると、本作『委員界の異端者 ~IINCHO-Re.co~』における犯人の犯行動機は、まさにこの、『委員長は承認せず!』と『RGH ~恋とヒーローと学園と~』の犯人、そして犯行動機を組み合わせたものになっていて、しかも作中の描写不足によって、この作品単体からでは、それが理解出来ないという構造的欠陥を抱えています。

たまたま今回、自分が過去作をプレイしていたので、そうした包括的な部分でどういう作品なのかということがある程度推察出来ていますが、客観的に見て、何ら過去作の知識を持たずプレイしたのであれば、意味不明なク○ゲー扱いされてもこれはしょうがないと思うよ(笑)

現状から考えると、上記のような解説すら多分何処からも出てこないと思うので、良く分からない作品として、殆どのプレイヤーには何も伝わらないまま終わるんだろうなぁ......っていう悲しい作品ですね(笑)


『委員長は承認せず!』や『RGH ~恋とヒーローと学園と~』は、アクは強いんですけど、非常に良い作品でテーマも明快な楽しませたい、こういう解釈はどうだ! みたいなものをプレイヤーにぶつけてくるエネルギッシュな作品だっただけに、ヒロインの個性も熱い展開も、黒幕との友情といったものまで、何もかも薄まってしまっているマイルドな本作の合体事故のような完成度は悔やまれます。

うーん、勿体無い。


【星】
★★★★★★☆☆☆☆
関連記事

コメント

No title

委員長は承認せずのリメイク.....?スミマセン全然覚えてないです。
エロゲー全盛期のゲーム(03~11年までがそうだと思ってます)なのに....まぁその程度のゲームだったって事でしょうね。キャラグラも06年ぽいといえばぽいですし。

コメントありがとうございます!

キャラデザは心機一転、新しくなっているんですけど、個人的には絵柄にも個性がなくなっているので昔の方が良いんじゃないと思いますねー。

非常に尖った作品だったけに、リブートした結果、全体的にマイルドになり良く分からない作品になっているのは残念(´・ω・`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

これからアナタを奪うから!!!

アストロノーツ・コメット『これからアナタを奪うから!!!』を応援しています!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif