FC2ブログ

記事一覧

国連やEUが正しいという幻想

グローバリズムは確実に崩壊に向かっている......!


なんて、そんな世界情勢。
管理人くらいの年だと、国連やEUというのは、過去の過ちを反省し作られた、金科玉条のように正しい枠組みであり、組織であり規範であるかのような教育を受けたのですが、しかしその実態はというと......。

本当に正しいのであればイギリスはEUから離脱しないし、イタリアは総選挙で右派が躍進したりもしないでしょう。
EUという枠組みは岐路に立たされつつあります。どうして欧州各国で中道左派の支持が急落し、右派が勢力を伸ばすのかと言えば、エリート支配、グローバル化、移民といったものに対する反抗の機運が高まってるからだと思うのですが、特に移民の問題は大きく影響していそう。

EUで最大の力を持っているドイツは、大量の移民を受け入れて来ましたが、メルケルさんも認めた通り、この難民政策は失敗に終わり、移民の大量流入によって治安の悪化、自国の文化崩壊といった問題が深刻になっています。

こうなるとそりゃあ元々その国で暮らしていた国民からすれば、ふざきんな!
と、なるわけで保守勢力の支持が上がるのは至極当然の流れと言えるのではないでしょうか。

しかも一旦受け入れた以上、ここから淘汰していくことは不可能。
これから受け入れ認定を厳しくしていくといっても、既に入国しな移民を国内から排斥することも出来ないでしょうし、相当苦しくなりそう。これはドイツに限らず欧州全体でこのような事が起こっているなかで、国民が危機感を持つのは当然でしょう。

更に中国の大手通信機器メーカーZTEが北朝鮮やイランへの通信機器の輸出を行い、アメリカの制裁によって超大赤字を出していましたが、こうした件を問題視して、日本なども次世代通信規格の5Gから中国企業を除外する動きを鮮明に。

世界は、保護貿易、自国主義と確実に反グローバル主義になりつつあり、夢物語でしかない世界が一つになれば幸せなんていう妄想は否定されつつあるので、実際に戦争というものが起こらなくても、こうした貿易戦争などの果てに、これはまた教科書によるような転換点というが訪れつつあるんだろうなというのを実感する日々だよねー。

グローバリズムを叫べば叫ぶほど、世界はナショナリズムになっていくという。

しかも、個人レベルでは違いを許容しよう、個性が大事などと言っておきながら、国家レベルだと世界は一つみたいな話は、ミクロだと個人主義でマクロだと全体主義という極めて矛盾を孕んだ思想なのであって、無理が出るのは当然だと思う。

文化の環境も気候も風土も何から何まで違う国家同士、違っていて当たり前なんだよね。
よくよく自覚しておきたいところです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif