FC2ブログ

記事一覧

RPGは国民的ジャンルなのか? 或いはエロゲーは完全にADVで良いのか?

dq111111111111111.png


日本人と言えば良くRPGが好きな国民性なんて言われますが、確かに黄金期には沢山のRPGが発売され、そのジャンルが人気であることは疑いようのない事実かと思います。


......本当にそうか?


確かにかつて過去の一時期はそういう時代があったことは間違いありません。
しかし最近はどうかというと、全然そんなことはないですよね。
むしろRPGは売れないジャンルになっています。

近年、完全新規のRPGが全然売れていません。
『ゼノブレイド2』が30万本売ったのは快挙ですよ(笑)
マジで名作なのでもっと売れて欲しい......。

開発が面倒で発売される本数が激減しているというのもありますが、テイルズなんかも一時期の乱発傾向から一転、テイルズスタジオの解散により中々新作が出なくなっていますけど、RPGが売れているっていうのは、あくまでもFFやDQが惰性で売れているというだけで、RPGというジャンル自体は閉塞しています。

え、ポケモン?
あれはRPGというか対戦も出来るしポケモンというジャンルなのでは......。


つまりもうRPGを日本人が好きというのは過去のイメージであって、現代には即してないんだと思う。
近年(といっても10年くらい前)だと、MHが大ヒットしましたが、MHなんてゴリゴリのアクションゲームですし、RPGに対する特別な思い入れというのは、恐らくある一定の年代から上にしか通用しない価値観となっています。

FFはもうどうしようもありませんが、DQ11は確かにある程度は売れましたけど、うーんという感じ。

自分でもプレイしましたが、感想としては面白かったんですけど、その面白さは、かつてDQが発売して以来、このシリーズが好きだった人に向けた面白さというか、レガシーなものなんですよね。

管理人なんかはコンシュマー世代なので、それこそFFDQとかめっちゃプレイしてきた黄金期の世代なのですが、DQ11は、そういう層が求めているDQであったことは間違いなくても、そうではない若い層がこれを面白いと思って、これが学校でブームになり、熱心なファンとして今後もこのシリーズを買っていこうと思うような、新規プレイヤーが、当時多くのプレイヤーがDQ3で味わったような感動を抱かせるようなゲームであったかというとかなり疑問です。

懐古主義的なゲームというか。
DQに特に思い入れのない世代からすると古さを感じるんじゃないでしょうか?
システム面でも何も変わらないターン制コマンドバトルだし、これはもうそういうもんだからしょうがないw

鳥山、杉山、堀井というこのレジェンド3人が手掛けるのもこれで最後でしょうし、堀井さんの後継者と目されていた藤澤さんもスクエニを退職しているので、そういう意味ではラストに相応しいDQファンに向けたゲームだったように思えます。


さて、そんな状況を考えると、別にRPGというのは今の世代にとってマストなジャンルではありません。
もうRPGというジャンル自体が売れなくなってきてるのはこの状況が示しています。

勿論、ベセスダのTESのようなオープンワールドRPGやゼルダのようなアクションアドベンチャーなどとはまた違う話で、あくまでも古典的JRPGといったようなジャンルについての話です。

後にMHのヒットやSplatoonのヒット、その後のバトロワというジャンルも見れば、全体的な傾向としてはマルチプレイでアクション性のあるゲームの方が好まれているような感じもあり、これはシングルプレイの完全オフラインゲーであるRPGとはまさに対極にありますね。


sinosan.jpg

そしてそれはエロゲーもそうだなっていう話。
エロゲーが売れなくなってきていますが、その端的な理由は、ユーザー離れが広がっているから。

新規ユーザーが市場に入ってこない状況で、上からユーザーがどんどん抜けていくわけですから、そうなるのは当然です。じゃあどうしてそうなるのかっていう個別の問題点は色々語られているので今回はスルーして、ここではユーザー離れが進んでいく理由について触れるのではなく、その結果がもたらした現在の状況についてです。

つまるところ現在のエロゲーのフォーマットは正しいのか?

という疑問なのですが、現在のエロゲーがゲーム性を極端に廃止してノベルゲー特化になった背景には、泣きゲーブームで起こったシナリオを読ませる作品の大ヒットなどが大きく影響しているわけじゃないですか。

しかしそんなゲームがヒットしたのは何年前だって話ですよ(笑)
「CLANNADは人生」なんて流行ったのは2004年ですからね!?
リトバスでさえ2007年なわけです。

つまり、今は2018年ですが、仮にこの10年間(2009-2018)で新しくエロゲー市場というものに入った新規ユーザーがいたとするじゃないですか。

そういう若い世代の層にとっては、現在のエロゲーのフォーマットが泣きゲー以来の完全ADV形式に固定化されている事に対して、潜在的な疑問を持っているはずなんですよね。

何故なら、新たに入ってきた新規ユーザーは、泣きゲーという時代を経てないし、体験していません。
で、あるならどうしてADVじゃないと駄目なのか理由がない。

だから何故エロゲーがゲームを名乗りながら完全にゲーム性を廃しているのかということに対して、素直な疑問を持ちますし、そしてまた泣きゲー以来フォーマットが変わっていないということは、エロゲー自体が対象としているユーザー自身もその当時から全く変わっておらず、新規ユーザーを全く見ていない、想定していないということでしょう?

何かしらちょっとした要素を入れると、すぐに何でも面倒くさいといって否定したがるユーザーが多いですが、ターン制バトルじゃないと付いていけない古参のオッサンが、バリバリのARPGに文句を言っているようなもので、そんなのはもう老人の主張というか、メーカーはあまり取り合うべきじゃないのではと思う。

勿論、中には本当にどうしようもないようなクソ要素がぶち込まれていたりしますが、それはそれ。
何かしらの試みやチャレンジは素直に受け止めるべきじゃないかなぁ......。

DQとかでレベル上げが面倒だからボスも含めて全てのモンスターを一撃で倒せるようにして、特技レベルもすぐにMAXで、魔法もレベル1で全部覚えますとかになったら、ゲームとしてそれの何が面白いの?

ってなるじゃないですか(笑)
その通りなんですよ。ゲーム性と面倒さはトレードオフなので、全自動マリオとか見てる分には面白くてもゲームとしては何も面白くない。

そういう価値観が蔓延したのは、そもそもゲームだったエロゲーというジャンルを、完全に何ら介入余地もないただ読ませるだけのノベルゲーム特化にしてしまったからであって、ノベルゲーム特化にしたから、それ以外の要素が面倒だと感じるんでしょ?

この因果関係は本来なら逆ですよね。
読ませる事を目的としていたから、ゲーム性を排除してきたのに、何故かそうした読ませる事だけを目的としていないジャンルにおいてもゲーム性は排除されるべきという倒錯した価値観が蔓延ってしまった。

新しく入ってくるユーザーに取っては、当時の泣きゲーブームを体験していない以上、その読ませる事だけを目的としているゲーム自体が意味不明で古いと感じるだろうし、時代に即してないと思うでしょうね。

ノベルゲームというジャンル自体の是非を考えるべきときに来ているんだと思う。
仮にエロゲーが、現状のフォーマットを一切何も変更しなくて良いと考えるのであれば、エロゲーがブームだった時代をリアルタイムで体験した世代が卒業したとき、この業界は終了するんじゃないの?

例えばCLANNADが発売した2004年に20歳だったとすれば、その世代が40代くらいになって卒業したらエロゲー業界終了ですよ。それから一切の変化を怠ってきたわけですから、新規ユーザーに対するアプローチがこの業界には何もない。

2004年から20年後と考えれば、2024年。
エロゲー業界の寿命は残り5年かもしれない!?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif