FC2ブログ

記事一覧

【アトリエかぐや】お姉さん×SHUFFLE! ~ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。~

aneshuffle.jpg

お姉さん×SHUFFLE! ~ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。~
http://www.a-kaguya.com/products_HP/shuffle/


今作のフォーミュラを一言で表すなら、

緊張×緩和

と、言えるだろう。
これまでのフォーマットに新たな目線を持ち込むことで、新機軸の姉ゲーとなっているその名は、
『お姉さん×SHUFFLE! ~ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。~』


硬い言い回しも程ほどにして、アトリエかぐやさんと言えば姉ゲーということで、『お姉さん×SHUFFLE! ~ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。~』ですが、この年末に登場の姉ゲー好き絶対殺すマンな破壊力と魅力に満ちた作品になっており、これまた抜群に面白く、名作と言って良いのではないでしょうか。

これこそ真の寝取られ体験!

寝取られ体験って何が面白いのかっていうのを考えたときに、寝取られることが楽しいのではなく、その実“寝取られる「かも」しれない”というリスクこそが楽しいのではないかという一つの結論に達しました。例えば寝取られゲーで、彼女だったり嫁が寝取られるようなゲームの場合、いきなりその関係性から始まるじゃないですか。

しかしプレイ開始時点で、そういう関係であることがプレイヤーに提示されても、プレイヤーはそのヒロインと主人公との過去を知らない。二人が結ばれた過程を知らないので、そもそもそのヒロインに思い入れがありません。どういうヒロインなのかは公式HPで示された設定か、プロローグで多少描かれるくらいなので、イマイチそれが寝取られ体験かっていうと疑問の余地があります。勿論それはシナリオとしては寝取られシナリオになっているんですけど、プレイヤーの体験としては本当の意味では寝取られ体験にはなっていないんですよね。

そこで本作はどうだろうか?

主人公は自分と姿形がソックリな3人の友人達と入れ替わることで、それぞれのお姉ちゃんと仲良くなっていくことになるのですが、主人公が入れ替わっている間に起きたエッチなはハプニングは、当然そこで終わらず継続します。主人公が入れ替わっていないときは、友人とお姉ちゃんは通常通りの姉弟関係ですが、主人公が起こした変化によってお姉ちゃんは弟に対して好意を抱いています。

しかし肝心の弟(友人)の方は何があったか全く知らないので、お姉ちゃんの変化に対して不信に思うだけなのですが、そうはいってもその間、主人公=プレイヤーは自分が入れ替わっていない間のことが分からないので、ヒロインの事が滅茶苦茶気になってしょうがない(笑)

もしかしたらお姉ちゃんが弟に迫っているかもしれないという疑念が晴れません。
そう、このヒロインが気になって仕方がないという感情こそ、まさに恋心。

これこそ真の寝取られ体験でしょう!
正確には寝取られるかもしれない体験。
お姉ちゃんは全員弟に対して激甘なので、入れ替わったときに主人公が起こした変化によって、自分の関知しないところで何かハプニングが起こっていてもしょうがないという尋常ではない緊張感がドキドキさせてくれます。ぶっちゃけ入れ替わっている間に家族崩壊を起こしているのですが、この寝取られるかもしれないという緊張感を物語に与えることで、ヒロインのことをプレイヤーが好きになってしまう仕掛けは見事です。

しかも主人公は入れ替わっているので、お姉ちゃんが向けてくれる愛情が自分ではなく弟に対して向けられているという疎外感、そしてそんな優しいお姉ちゃんを騙しているという罪悪感、何より弟に入れ替わってお姉ちゃんとエッチなことをしている背徳感。

疎外感×罪悪感×背徳感

この3つの螺旋構造によって、主人公、そしてプレイヤーにそれぞれのお姉ちゃんが強烈に印象として焼き付くので、ヒロインの魅力がこれでもかと突き刺さってきます。

aneshuffle01.jpg

気安く接してくれる依歩季お姉ちゃん。
普段とはちょっと違う優しい主人公を心配してくれながらもエッチに励ましてくれる女神。

aneshuffle02.jpg

弟にはSっ気が炸裂すると公式HPに書かれている三玖お姉ちゃん。
ですが、そんなのは最初だけでダダ甘に甘やかしてくれる大天使。


物語自体が緊張×緩和で構成されており、緊張の前半、緩和の後半という前後編になっています。
弟だと偽っている前半は物語に強い緊張感をもたらしていますが、その状況に主人公が耐え切れなくなり、正直に告白して以降は一気に緊張が緩和され、ひたすらエッチなことをしながらEDまで一直線です。

その大きすぎる振り幅が面白く、後半になって素性がバレて以降もお姉ちゃんと弟という関係性が保持されているところなども特殊で、もうこの緊張×緩和という流れ自体がシナリオの核となっているので、それ以外にヒロイン固有のシナリオというのが存在しません。機工ごとシナリオに組み込まれているので、特別なことは何も起こらないのですが、その特別ではないお姉ちゃん達との関係性が心地良く、ひたすら癒しを与えてくれて甘やかしてくれるので、まごうことなき素晴らしい姉ゲーに仕上がっています。


設定を呼んだときはどうなるかと思いましたが、弟に嫉妬して、その嫉妬する感情がプレイヤーに発生することでヒロインを好きになるという感情誘導が見事に嵌っているので、まんまと掌で踊らされている感があるのですが、それもまた楽しいからよし。とにかくお姉ちゃんとの関係が気持ち良いので、疲れたときにプレイしたくなるメンタルケア的な作品となっています。

まだまだ姉ゲーの可能性を秘めた、来年への飛躍を予感させる1本。
今は姉ゲーとかも全然出なくなっているので、そういう意味でも貴重であり、姉ゲーとして新たな視点で構築されたタイトルになっているので、来年も『HonkyTonk Pumpkin』さんに期待です!


【星】
★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

風雷戦姫 神夢

風雷戦姫 神夢

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif