FC2ブログ

記事一覧

ゲーセンに子供いなくない?

危機感を憶えたね(´・ω・`)ショボーン


だいたい何にでも危機感を憶えているのですが、今日はゲーセンの話。
休日だったんで、ちょっとゲーセンに行ってボーダーブレイクとか横スクロールのレトロゲーとか色々ダラダラと遊んでたんですけど、そこでふと思ったのが、全然小中学生くらいの子供の姿を見掛けないのですが、これは全国的な傾向なのかそれともこの近辺だけの地域性なんでしょうか?

勿論、夜中とかじゃないですよ。
そこで気になって、セガ、タイトー、アドワーズ、ラウワンと周ってみたのですが、殆ど見掛けませんでした。
自分が行ってるような場所は、ゲーセン密集地帯で全国でも屈指のゲーセン人口を誇るスポットだと思うのですが、それでも姿を見掛けないとなると、もう子供達にとってはゲーセンで遊ぶという文化が失われているのでは?


本来その頃が最もゲームに対する情熱が高い時期じゃないですか。
自分が子供の頃はしょっちゅうゲーセンに通って遊んでいた記憶があるだけに寂しい限りです。
しかし考えてみれば、昔は駄菓子屋さんとかに筐体が置かれていて、それこそ1プレイも駄菓子の範疇で遊べるといったものが多かったのですが、今では1プレイ200円や300円。3クレ500円とか小中学生が手軽に遊べる価格じゃないですよね。

過去の自分で考えても、その価格だったら中々気軽には遊べないし、頻繁に行くこともないかなと思う。
勿論、カードが排出されたりとか昔のゲームと比較して確かに豪華になってるし対戦ゲームもオンラインなら相手に困らないとか、価格に対して利点があるのは間違いないのですが、子供にゲーム文化が根付かないということは、将来的に縮小する一辺倒なわけで、そういうことが回りまわって「ゲームが売れない」という本質的な部分に繋がっているような気がします。

TGSなんか特にそうですもんね。固定層狙い撃ちで子供なんて最初から全く相手にしてない。
だからといってE3みたいに運営方針の見直しもないし、そりゃあ歪な市場になるよなーっていう。

家庭用ゲームハードの需要が強いのはそういうことでしょう。
『Spatoon2』が最速でミリオンを達成して10代の人口比率が高いという統計が出ていましたが、ということは間違いなくそこに巨大な市場があって、沢山のゲーム層がいるということだと思うのですが、そういう層と全く関係ないところにゲーセンがあって、TGSなんかに出展しているソフトメーカーがあったりして、ゲーセンと家庭用ハードの市場は今はもう繋がってないと思う。導線にすらなってない。市場が断絶してるよね。

思いもよらずゲーセンで闇を発見してしまった、そんな話。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif