FC2ブログ

記事一覧

【ルネ】ようこそ!スケベエルフの森へ

sukebeerufu.jpg

ようこそ!スケベエルフの森へ
http://www.lune-soft.jp/game/13912


今年1番面白いソフトが来たか......!


それは何処か遠い知らない世界が、こうあって欲しいという純粋な願い――


まさかの大傑作だった『ようこそ!スケベエルフの森へ』
このタイトルから誰が想像出来ただろうか?


『巨乳ファンタジー』もそうでしたけど、エロゲーにはタイトルで図れない部分というのがあって、素敵なゲームとの出会いはいつだって唐突にやってくる。現時点で今年ぶっちぎりで面白い作品でした。

エルフに込めた理想が世界を創る。


原画家の渚葵先生と言えば、成年コミック雑誌でも良くエルフがヒロインのピンナップ漫画を掲載したりしていますが、だからなのかこの作品にはエルフに込めた理想がこれでもかと反映されています。

Q:ファンタジー世界は何をもってファンタジーなのか?

その世界がどういった世界なのか、ファンタジーの世界について我々は知る術がありません。
だからこそそれを規定する何かが必要となります。

ファンタジーな世界に召喚されたらどうしよう?
誰もが1度はそんな空想をしたことがあるんじゃないかと思います。

そんなとき何をもってそこが自分がこれまで暮らしてきた世界と違う事を認識するのか?
それはファンタジー世界に限らず、例えば本州に住んでいる人が北海道に行ったとき、飛行機から降り立った瞬間、空気の冷たさに北海道に来たことを理解する。或いは沖縄だったらその暖かさに、太平洋側から北陸トンネルを抜けたら辺り一面が銀世界になるのを見て、そこがいつもと違う場所であることを理解する。外国に旅行に行ったら深呼吸して周囲を見渡すだけで違いが分かるじゃないですか。それは言葉でどれだけ説明するよりもずっと確かで強烈な説得力を持っていますよね。

今作が素晴らしいのは、まずその世界がファンタジーという確かな世界として彩られている。
主人公がその違いを理解することが、プレイヤーに取ってもその世界の息遣いとなって伝わってくる。

細部にまできめ細かく行き渡った気遣い、異文化との交流、そして救世主して召喚された無力な主人公。
その全てが有機的に結びついてこの世界を完成させており、そのずば抜けて完成度に圧巻です。


この世界に救世主として召喚された主人公はただただ無力です。何の力もない。
昨今のラノベ界隈では、異世界に召喚されたら最強の魔術師になっていたみたいな「俺TUEEEE!!」が人気ですが、主人公は全くそんな力を持ちません。元の世界の自分のままでしかない。

けれどそれでも、現実ではありえないような窮地に陥ったとき、自分に何が出来るのか?
自分が出来る範囲で一生懸命にやる。その行動に周囲は感化されいつしか本物の救世主へとなっていく。

元々が子作りの為に召喚された主人公ですが、いつしか世界に対してそれだけではない責任を負うことになり、エルフの森の謎、エルフとダークエルフの因縁。決して簡単ではないそれらの問題に立ち向かっていくことになります。その行動により自らが救世主であることを証明していく主人公は真っ直ぐで誠実であり、本作を王道ファンタジー作品として成立させている最大の要素となっています。

skeruf01.jpg

エルフは巨乳が多いぞ!多いぞ!!(大事なことなので2回)

ヒロインは全部で7人いるのですが、その全てのヒロインにキチンとした物語と役割、背景があり、一人も無駄なヒロイン、不要なルートが存在しません。全てのヒロインが等しく幸せになる権利を持っている。これは凄いことだと思うよ。

普通、ミズリィさんのようなお姉さん系のヒロインなら、サブヒロインのような扱いでシナリオは短く、本編とは離れたスタンスのルートになることが多いのですが、そういった格差が一切なく、誰もが世界に対して自分の居場所がるので、7人ものヒロインがいても全く飽きることがありません。

美しく清廉なエルフという存在への憧憬が込められている本作。
しかし、決してそれだけではない確かな存在としてのエルフが描かれていきます。

嫉妬もするし、対立もする、利己的な面、醜い面、綺麗なだけではなく、それら全てを内包しているからこそ、確かな存在感を持っています。ルーシェちゃんのようなエルフならただ優しいだけでも良いかもしれない。けれど理想を反映させてるからこそ、それだけの存在であって欲しくないという強固な意志が込められているヒロイン達は、どれも魅力的で人間的で、でも決して人間ではない慈しみ、慈愛を持ったエルフとして成り立っています。

skeruf02.jpg

7人のヒロイン全員がメインヒロインです。

とにかくボリュームが多く、タイトルからも一見完全なネタゲーのように見えますが、本編は驚くほど誠実で丁寧。CGもエッチなCGだけではなく、要所要所で世界を彩る様々なCGが登場し楽しませてくれます。

長老ノルちゃんは神樹の秘密とこれからのエルフの未来を語り、デルヴァ将軍は、これまで受けてきたダークエルフへの迫害、主人公がそれを変えられると希望を託し、イヴリンちゃんはエルフとダークエルフの和解を望み、フィリスちゃんは大貴族の娘として相応しくなる為に、エルダちゃんはお嬢様に憧れ、ミズリィさんは過去に犯した贖罪と主人公を救う為に力を振るうといった7者7様の展開が楽しめます。

そして、スケベエルフというだけあって、みんなエッチ!(やったね!)

ダークエルフの褐色肌が眩しいですが、それぞれのヒロインにコスプレ要素があったり、大人のオモチャを使ったり、お尻だったりと様々なシーンが用意されています。神樹の力が弱まったことで、エルフはこれまで種族として抑えられていた(必要なかった)性的欲求が膨れ上がり、みんなエッチに積極的という桃色世界。

それはもう酒池肉林な日々が展開されますが、7つのルートをクリアするとハーレムルートが開放されます。しかし、ここでもオマケのようなハーレムではなく、それ自体が大団円のグランドルートとしてキチンと成立しており、遠い異世界で元の世界と決別することを選んだ主人公と、それに寄り添う7人のエルフ達がどこまでも優しく包み込んでくれます。


個人的にはどのヒロインが1番っていうのは難しいですね。
全員良かったし、そのルートをプレイしているときはそのヒロインが1番という感じでした(笑)

不覚にもウルっとくるシーンも多く、BGMも落ち着いていて、空を見上げて世界に思いを馳せるといったような描写も多く、タイトルから受ける印象とは全く違う超大作に仕上がっています。

何より腹筋!
特にデルヴァ将軍やエルダちゃんど、腹筋がバキバキで非常に筋肉質!

だがそれがいい

最高にエロいです。
ここまで腹筋に力の入ったヒロインは滅多に見られないんじゃないでしょうか。
脚のエロさといい素晴らしいですね。



まさかこんな傑作とは思いもよりませんでした。
1年に1本出るか出ないかという全ての要素が噛み合って生まれた神ゲーです。
エロゲーの力強さや自力を感じると同時に、これこそエロゲーの真髄と言える作品に仕上がっている。

エルフにこうあって欲しいという希望を託した夢物語。
だからこそ、そこには惹かれる眩いばかりの魅力がある。

それがまた『ルネ』さんから出てくることが面白いですよね。
昨今、極力色んなものを削った省エネな作品や、工夫も熱意もなく、ただ何も考えずに作っているだけに感じられる作品も多いですが、本作はそれらと全く違う熱量を持った作品として、エルフという存在をド直球でぶつけてくるので、その剛速球に思わずこちらが背筋を伸ばし、襟を正すべき作品でした。

エロゲーはまだまだ可能性を秘めている!
最近やるゲームも減っており半ばドロップアウト気味でしたが、こういう作品が出てくるとなるとやっぱり何処かで期待してしまうんですよねぇ(笑)


【星】
★★★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif