FC2ブログ

記事一覧

【アトリエかぐや】JD温泉。 エロエロダイナマイト女子大生との温泉生活。

jd00.jpg


JD温泉。 エロエロダイナマイト女子大生との温泉生活。
http://www.a-kaguya.com/products_HP/j_d_o/


こんな温泉はどこにあるんだー(;´Д`)
エロエロダイナマイト女子大生との温泉生活っていう、
このサブタイトルが全てを体現している『JD温泉。』

病気で入院している叔父の代理でひと夏、温泉を任されることになった主人公。
そこに温泉同好会に所属する3人のダイナマイトお姉さんがやってきて......。



という今作ですが、なんていうか、リアルだよね(?)
エロゲーにおけるリアリティを追求してるというか、コンテンツ全般に言えますが萌えという概念が普及したことでヒロインの性質も変わりました。そんな中にあって今作......に限らずアトリエかぐやさんのヒロインは萌えとはまた違った別種のリアリティを持っています。

こんなナイスバディで優しいお姉さんばっかりの温泉同好会なんて全然リアルじゃないんだけど、萌えの文法で作られたヒロインって好意の向け方とかがかなり直情的じゃないですか。しかしながら今作にしても、アトリエかぐやさんのヒロインは会話に空間的な奥行きがあるというか、『優しい』という要素1つとってもかなり違う。本音の部分で物凄く主人公に対して気を遣ってくれていて、その表には見えない部分の気遣い、優しさみたいなものが他とは一線を画す魅力になっています。

お姉さんに誘われてプロローグで肉体関係を持つことになりますが、エッチなことをしてもまだまだ心の中は見えないというか、その段階ではまだ主人公に対して踏み込んでこないし、相手の本音も見えてこない。本音と言ってもヒロインのお姉さんは全員裏表がないのでそのままなのだけど。けれど、物語が進行していくと、逆にそのお姉さんとしてのポジションが尾を引いたりしてくる。それは相手を本気で好きになったことで、プロローグで主人公を誘ったことが、誰にでもそんなことをするわけじゃないといった不安や葛藤で返ってきたり、自分の方から主人公に告白出来なかったり、そうした弱い部分が、後の行動、心理に影響を与えて制限を掛けてきます。

最初は積極的に誘ってきていたのが、本気になったことで逆にどんどん臆病になっていく、心境として相手に嫌われたくないとか、どう思われているんだろうといった感情がセックスをした後から芽生えてくることになるのですが、これは本当に独特の流れであまり他のゲームでは感じられない部分じゃないでしょうか。これぞ順逆自在の術!

jd01.jpg

「なんで私がいきなりセックスしなくちゃいけないのよ」
とか言っておいて、言っておいて、させてくれる優しい乃々果さん。

天使か!!

これだけ優しいお姉さん達ですが、当然お姉さんなので非処女です。
主人公に対して童貞童貞と言葉攻めしてきますが、それが良い意味で悪く聴こえないというか、言葉攻めと言っても、それを決して悪く言うのではなく、だからこそ冒頭のように優しく誘ってくれる流れというのは、いつも思いますけど秀逸で心地良いですね。

jd02.jpg

ちょっぴりSとかキャラクターのプロフィールに書いてあっても実際は万物を包む無限大∞な優しいお姉さんばかりですし、主人公との関係もシナリオが進行していくと対等になっていき、恋人として変化してくのも素晴らしい。楓花さんなど夏の終わり遠距離恋愛で不安を持つ主人公が最後に指輪を贈って結婚の約束をするのですが、遠距離恋愛で自然消滅するかもといった漠然とした不安を抱えた両者がこういう解決を導く頃になると、もう完全に純愛路線で、初期の頃のようなお姉さんに誘われてどうこうといった空気ではなくなってダダ甘カップルが誕生してるのは本当に面白い。

今作ではENDが3つあり、石版集めでの分岐と最初に選んだヒロイン以外のルートに入った場合で3パターンのEDを迎えますが、どれも幸せにしかならないルートなので、何を選んでも純度100%癒されます。相変わらず民族学に強いかぐやさんだけあって、古の伝承から石版を解読し特殊な成分を持つ温泉を開発したりしますが、例え何があろうともエロい展開にしかならないこの信頼感!

特筆すべきは常に主人公の選択を待ってくれることです。
冒頭の誰を初めての相手に選ぶかといった選択や、「このまま何も言わないで終わっていいの?」と主人公の告白を優しく諭して待ってくれたり、年上として恋人同士になる前はお姉さんらしく主人公を導いてくれます。

誰も選ばない場合、何も起こらない夏としてループものような意味深な終わりを迎えますが、主人公の行動こそがゲームを決めるというインタラクティブな要素が決して失われていないのはゲームというジャンルの理念として素晴らしいのではないでしょうか。


これも毎回思うんですけど、アトリエかぐさんのこうしたゲームの場合、ヒロインの誰が良いか、ルート毎の完成度はどうかといった本来エロゲーとして感想の中心になる部分にはあまり意味がありません。ヒロインは性格の差異、おっぱいの大きさに多少の差異はあっても、全員が等しく優しいエロエロダイナマイト女子大生なので、ゴチャゴチャ言わずに癒やされておけば良いんだよ!!

それと、前作『LOVEトレ』で猛威を振るったメンタルクラッシャーの非処女煽りも存在しないので安心して楽しめます。

あれはもう「き、気にしてねーし(震え声)」って強がるのが精一杯だったので。マジ弱メンタル。

またしても素晴らしい内容だけに、こういう心地良い作品、もっと増えないかなー。


【星】
★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

風雷戦姫 神夢

風雷戦姫 神夢

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif