FC2ブログ

記事一覧

【エレクトリップ】エンコーJKとサポおぢさん ~ラヴパコ放課後ぶかつどう~

enjk.jpg


エンコーJKとサポおぢさん ~ラヴパコ放課後ぶかつどう~
http://erectlip.amuse-c.jp/product25.html


なんだこれは!?


これはなんだ!?


なんだこれはなんなんだ!?



まず、万人がこのタイトルから連想するであろう内容とは全く違う驚天動地の予想外。
『エンコーJKとサポおぢさん ~ラヴパコ放課後ぶかつどう~』


これはもう神ゲーです。
ビックリしました。プレイ中、思わず何度もタイトルを確認してしまいました。
エロゲー界の新法則、援交モノに限って純愛ゲーが如何なく発揮されています。


こういうゲームこそ本来、語られるべき対象だろうがァ!!

(唐突に意味のない激怒)


まず今作の特異な点として主人公は存在しません。
勿論、おぢさんが登場しますが、それはプレイヤーの視点ではなく。このゲームにおいて語られるおぢさんは全てヒロインの玲於奈ちゃんと、まゆちゃんの視点を通して語られます。

2人の視点からおぢさんがどう見えるか、2人がどう思っているか内面が描写され、おぢさんの思考や会話といったものは一切ありません。おぢさんには2人がどう思ってるかは伝わらなくても、プレイヤーには2人の心情、心境が伝わるメタ視点で物語を見る事になります。おぢさん自体は存在していても、そのおぢさんが発する情報というものは一切なく、あくまでヒロインの意志のみが介在する世界となっています。


冒頭、2人は、これまでの日々に満足しつつも、何処か物足りなさと不安を抱えています。
自分達はこれで良いのだろうかという漠然とした不安。それを抱えながら日々を過ごしています。

このゲームは一言でいうと、掛け替えのない青春を見つけ、JKから卒業する物語なのですが、愛情と友情。エンコーを通して、おぢさんと触れ合いながら自分にとって本当に大切なその2つを見つけていく2人の物語を、まるで抒情詩のように優しく語っていく作風は他と一線を画しており、極めて純度の高い物語を構築しています。


ふと、振り返ってみれば、この構造には思い当たる作品がって、今作はシスプリと同じ構造なんですよ。ゲーム版の『シスタープリンセス』では兄=プレイヤーだったので、主体が兄でお兄ちゃんの視点で妹を見るゲームでしたが、そもそもの原作である『Sister Princess』は、お兄ちゃんという存在は出てきません。いや、出てくるんですけど、お兄ちゃんの視点で何かが語られることは一切ない。あくまでも12人のそれぞれの妹の視点で、お兄ちゃんの姿が語られていく。

だから、お兄ちゃんが妹をどう思うかみたいな描写は全くなくて、妹がお兄ちゃんをどんな風に見ているのかということだけが優しく語られていくのがシスプリの特徴でした。

何故それが純度の高さを生み出すかといえば、それこが真の意味で、兄=自分になり得る最善の物語構造だからなんですよね。兄がそれぞれの妹に対してどう思うかっていうのを公式が語ったのでは意味がない。

自分がどう思うのかというのが大切であって、だからシスプリではそれぞれの年齢や、家族関係、姉妹なのか、誰が長女で末っ子は誰なのかみたいな個人や関係性を特定する情報が全くありませんでした。あるのは、妹がどう想っているかということだけで、お兄ちゃんがどう想うのかっていうのは全て当時の読者=お兄ちゃんに任されていたわけで、それこそがシスプリがあそこまで純度の高いコンテンツとして圧倒的人気を博した要因でした。

今作はそれと同じ構造を取っています。
シスプリが妹が語る『優しいお兄ちゃんの御伽話』だったように、今作はエンコーを通して、玲於奈ちゃんとまゆちゃんが語る『優しいおぢさんの御伽話』であり、だからこそ2人にとっておぢさんは理想であり、絶対に意に反したことをしない、運命の相手としてどんどん好きになっていく。

そして、そんなエンコーから始まったJKの物語だからこそ学園の卒業と共に終わりを迎えるという、卒業という終わりを強く意識し最後になっていて、だからこそ今、この一瞬、JKとしての自分でいられる、この青春の一コマが大切で価値があるんだというタイトルからは想像も出来ないような清からで真っ直ぐなメッセージをぶつけてる傑出したクオリティ。

ラストではエロゲーでまさかの定番卒業ソング「仰げば尊し」が流れて色んな意味でビックリしました(笑)
なんなんだこのゲームは予想外すぎるだろう!!


enjk01.jpg

エッチシーンだって、全て2人の視点からおぢさんが語られます。
2人は中に出して欲しいのに、ちゃんと外に出そうとするおぢさん。そんなおぢさんの優しさに2人はどんどん惹かれて好きになっていくのですが、エンコーものというには言葉がマッチしないというか、完全無欠のピュアな純愛純情ゲーです。


なんかこう、学生時代に思いを馳せたとでも言うのでしょうか。
その頃の理想をこれでもかと追い求めて描いたそんな作品になっており、妙に心に残るというか、キラキラと眩しい学生の頃を描きながらも、キチンとそこから卒業して、次の未来へ、自分が新しく向かっていくんだっていう前向きな、本当に爽やかで綺麗で、素敵な物語になっていて、モラトリアムとは対極にある前へ進んでいこうとする意志を全面に打ち出していて、驚愕ですね。

まさかの、ふと、巡り合った神ゲーでした。
やっぱりまだまだエロゲーも面白いなぁ。


【星】
★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif