FC2ブログ

記事一覧

【One-up】星空のバビロン-迫り来るコズミックすけべおねぇさんズ-

babiron0.jpg


--空に祈り続けた、空に願い続けた--


--そして--


遂に来た今年最高に面白い神ゲー!


   星   空   の   バ   ビ   ロ   ン




まず最初に言っておくと、今作は3年に一度出るか出ないかの傑作タイトルだ。


とうとう登場した今年最高に面白い作品、『星空のバビロン』
現時点で、今年最高と言うのは気が早いのではないかと思うかもしれないが、決してそんな事はない。

断言しよう、今年これより面白い作品は出ない。
この作品は、そういう従来のエロゲーと同じ評価軸で語る事に意味はない。


宇宙に愛された主人公、銀河の言葉を借りるならば、今作はそう、


エロゲーに愛されたエロゲー


というのに尽きるだろう。
これが本当の重厚長大というべきタイトルだ。


それはまるで唐突に、誰も予想しない形で、偶発的に産まれる奇跡の産物。
狙って作ろうと思っても決して届かない、遥か高天の頂に辿り着いた運命的な完成度を誇る。
これこそ“神ゲー”という名に相応しい。



現在8月ですが、正直、今年発売したタイトルはどうにも記憶に薄く、思い出そうにも何を遊んだのかイマイチ思い出せず記憶に残らないような作品が多かったのですが、そんな中で登場した『星空のバビロン』ハッキリ言って度肝を抜かれました。


メーカーは北海道の雄、テックアーツ系のブランドOne‐upさんですが、サブタイトルからも分かる通り、ビジュアルインパクトを重視したギャグテイストの作品かと思いきや、デデンデン、ブリュパン、姫汁、といった前作とは全く違うテイストのハードSF作品という圧巻の超弩級の内容に仕上がっている。

babiron2.jpg

勿論、ビジュアルは最高峰と言って良いだろう。
がぉぉぉん! と威嚇にならない威嚇が口癖のデネブちゃん。

ここに全く新しい一つの発見が産まれた。
そう、宇宙空間においては、重力の影響を受けない為、おっぱいが巨乳になるということだ!
なんという発想の転換、これぞまさに価値観のコペルニクス転回!


おっぱいは宇宙では重力から解放され巨乳になる

これが乳(ニュウ)タイプだというのか!?


同じ巨乳キャラにも関わらず、人間種族のハルカちゃんや桃子艦長とは一線を画した更に爆乳であることからもこの事実が正しい事が伺える。戦艦内といえども生活出来るよう重力が発生している事を考えると、人類のおっぱいの成長には限界があることが分かるが、宇宙の無重力空間においては、おっぱいの成長を阻害するものはない。コズミックレイスとは、ロマンの塊なのだ!(だが、おっぱいは脂肪の塊なのだ)


ファーマー、そしてアカデミー生のエンジニアとして船に乗り込む主人公、『天之川銀河』、これまでの作品でも登場していた『ぐぬぬ』枠ヒロインのハルカ、公社技術主任の天才少女、カナタ、そして秋葉原桃子艦長率いる秋葉原艦隊が人類発となる地球外生命体との出会いを果たした所から、宇宙の運命を巡る壮大な物語が幕を上げる。


何が凄いかと言うと、まずはその物語のスケールだろう。
全宇宙、或いは全次元という4次元まで網羅した考えうる限りでは最大のスケールだ。しかし、それほどまでの規模でありながらプレイ感覚としてのボリュームは舌を巻くほど最適化されている。

その最たる理由が戦闘パートにあることは言うまでもない。
本来、戦闘シーンやバトルシーンといったものはエロゲーでは最も表現することが苦手なシーンだ。
ADVという形式のエロゲーにおいて、激しい動きを表現することはメディアの特性上不利であり、向いていない。
戦闘といった動きを魅力的に表現するならアニメが一番だろう。逆にアニメはマルチエンディングや複数ヒロインといったエロゲー的な表現を苦手にしている。それは方向性が対極だからであり、動きや分かり易さなら漫画、心理描写なら小説といったようにそれぞれのメディアには向き不向きがあり、それはそういうものであってどちらが上でどちらが下という話ではない。

さて、そんな戦闘シーンをエロゲーで表現することは、文章量が必要になる割には明確な状況がプレイヤーに伝わり難い。だからこそ戦闘パートの重要性が光る。こうしたミニゲームで勝ち負けが決まる事によって、戦闘中の描写を丸々カットするが可能になり、ビジュアル的にも分かり易い。本来エロゲーにおけるインタラクティブ要素、或いはエロゲーにおけるゲーム性というようなものは、こうした物語を表現する為の補助として利用するというのがベーシックな形だろう。


これだけ大風呂敷を広げながらも、破綻することがなく、中弛みや、後半に失速したりといった箇所が一切ない。
かといって、ダラダラ通り一辺倒で何ら起伏が存在しない日常引き延ばしタイプとは違い、全編山場に次ぐ山場で息を付かせない怒涛の連続展開が最後の最後まで続いていく。

特に序盤の5日まではその設定や背景がどういう意味を持つのかプレイヤーには全く分からない状況下で手探りに進む中、手に汗握る緊張感、息苦しくなるような緊迫感、そしてファーマー、機械との戦争、地球外生命体、あらゆる要素、設定が怒涛の勢いで有機的に結びつく圧巻の高密度な展開に、思わず、そういうことなの......? と唸ってしまうような見事な構成。

人間側も巻き込まれただけではなく、明確に敵対する理由と目的が提示されるので、必然的に物語の中心は秋葉原艦隊になっていく。

男だけが発症する新種の癌細胞によって人口比が狂い絶滅危機にある人類。そんな中で癌を乗り越え抗体を獲得したごく少数の男性は、ファーマーとして人類の繁殖計画に寄与することに。その一方、かつて地球の総人口を激減させ、資源を絞り尽くした“機械との戦争”、こうした少しずつ明かされていく人類、そして主人公の現状。

それらの情報には全て意味があり、無駄がない。
序盤少しプレイしただけで本作がサブタイトルや公式HPで紹介されているようなノリの作品ではなく、シリアスなシナリオゲーであることが分かる。とにかく細部まで精緻に練られているSF設定、そしてそういう要素や独自設定などを決して吹聴するようなことはなく、自然な流れとして少しずつ登場し、現実の技術の延長線上として想定されている事もあり、パルスのファルシのルシがパージでコクーンといったような馬鹿みたいな設定過多や用語解説必須といったようなイミフな事にならず、アストラルやコズミックレイス、ドクター、そうした設定の根幹を成す用語がすんなり入ってくるシナリオのクオリティは最高峰だ。

SFというどうしても馴染みの薄い、身近に考えられないジャンルでありながら、確かにそこにフィクションを通して、『星空のバビロン』という世界が見えてくる。その世界での活動、生活、そうしたバックボーンが見えてくる点は一言、素晴らしいという言葉しか出てこない。

フィクションだからこそ、リアルではなくリアリティ。それが何によって形成されるのだろうか?
それは宇宙ホタルイカの狩猟だったり、コズミックレイス達の可愛いパートナーだったり、リアリティは細部に宿る。
近年ギャグと言えば、安易なパロディでしかギャグを作れない作品が腐るほどある中で、こうした唯一無二のオリジナリティを発揮している作品というのはそれだけで貴重であり評価に値するのではないか。


艦種族やバルドラちゃん。モリリン、エリーゼといった要素全てが生きていて魅力を溢れさせている。
これだけの豊富な設定が昇華され完璧に機能している作品というのは殆どないだけに、完成度という面ではこれ以上は望めない、それほどの高みに辿り着いている。



今作のシナリオの秀逸さが最も良く分かるのは、主人公を天才と評する言葉が一切出ない事だろう。
主人公はアカデミーの学生でエンジニアだが、幼い頃から機械弄りをしており、更にそのサポートロボットであるポン太の活躍もあり、紛れもなく天才といっていい活躍をしている。だが、それを他のヒロイン達が主人公を天才と言うことはない。どういうことか?

これが巷に溢れる数多くの出来の悪い作品なら、間違いなくヒロイン達に主人公を安易に天才と言わせているだろう。
しかし今作では決してそれはしないのだ。つまり、主人公の行動からプレイヤーにそれを伝えてきている。言葉ではなく態度でそれを示していて、現在においてそういったことが出来る出来ている作品というのは驚くほど少ない。だからこそ今作のシナリオは優れている。

主人公の銀河も熱血漢で優しく、誠実で夢を持っていて真っ直ぐ。でもちょっとエロゲーらしくエッチでという、主人公の個性は主人公とでもいうべき、これぞ主人公にあるべき資質を背負った主人公として描かれている。その為、良くある主人公に対する不快さや性格的な気持ち悪いが一切存在しない、まさに=プレイヤーという器として作られている。


babiron3.jpg


人類存続の為にも子作りが大事!
というのは当然だが、しかしそこは人間。幾ら大義名分があろうと知らないオジサンに抱かれて孕まされたくはない。そんな生々しい、しかしだからこそ人間らしい言葉をヒロイン達に言わせる辺り、今作の真摯さが伺える。そういうことが作品のリアリティを生み出していくのであり、だからこそ主人公は特別だというのが強調されている。


機動戦艦ナデシコやラインバレルといった作品のテイストも感じられる。決してフォロワーというわけではなく完全オリジナルなのは間違いないが、なんとなく一見明るく見えて驚くほどシリアスな内容というのがナデシコっぽくもあり、機械と人間の戦争を引き起こした自己進化型AI“オラクル”の本当の目的......。人類を守り、来るべき破滅から救う為に進化を促す。その手段として戦争を起こすというのは『想像しろ!』でお馴染みの加藤機関っぽさがあります。


babiron1.jpg


口の悪いメイドはオシオキだ! ふひひ
なんという大乳海......。こんなメイドがいたら溺れてしまう(乳的な意味で)

戦闘種族のサタンは、眠りながら悠久とも思える時間の中で虚しく悲しい戦う事以外の目的を探した。
それが生きる為の理由になり、生き残った理由でもある。ただメイドの格好をしているだけじゃない。それは彼女の新しい生き方が反映されているからこそ、サタンはメイドであり、主人公のメイドという新たな価値観を見い出した。



間違いなく奇跡としか良いようがない。
あまりの完成度に放心している中、いったいどんな優秀なライターがシナリオを手掛けているのかとスタッフロールを眺めていたら、まさかのいつものテックアーツで何度目か分からないほど驚いた(笑)

確かに、これまでの蓄積を感じる内容ではある。
それこそ、アキバ系彼女、七人のオンラインゲーマーズ、魔女道といったG.J?作品、2系統のシナリオが隠されていた先パイ乙パイ、前々作でまさかの謎が謎を呼ぶ2部展開だった魔乳家族、そしてサイコパス主人公の前作、催眠クラスといった兎に角油断が出来ないOLE-M作品、今作も確かにその系譜を引き継いでいるのは間違いない。

しかし、これまでの作品はあまりにも作風とそうした(急展開シリアス)要素が噛み合ってこなかった。
それに加えて、描写不足の超展開や、強引すぎるエロ展開など何処か作りに雑さが見えていた。

それが今作では全てが劇的に改善されている。
そしてそれが全く新しい神ゲーを突発的に生み出した。

これはいったい何だと言うのか?
覚醒したのかテックアーツ(笑)

むしろ完成度が高すぎて、こっちが困惑してしまうという謎の状況。
こんな凄い作品が作れるのに、何故過去の作品があんな感じなのか......。

One-upさんはブリュパンでも前作のメインヒロインがロリ化して登場したり、各作品に必ず『ぐぬぬ』ヒロインがいたり、大将ラーメンとか、初期のGJテイストのような作品間の繋がりを持たせてある作りになっているのですが、まさかのエピソードⅡには笑った。

というか、これだけの超大作をまとめきって充実感と共にエンディングを迎えた後、更にエピソードⅡなんていう追加要素が出てくるとかお腹一杯の圧倒的ボリュームですよ。凄すぎ。

更に登場するのが、前々作ブリュパンの最強姉、不二子ちゃんとかカオスすぎてもう......。
スパクリは何故新たなアストラルに不二子ちゃんを選んだのか......。やっぱり最強ってXカップとかいう有り得ないおっぱい的な意味で不二子ちゃんを最強に選んだようにしか思えませんが......。

不二子お姉ちゃんに勝利すると、エッチなお誘いを受けますが、そこで主人公が誘いに乗らないのも良く分かってる。
そこでエッチシーンが発生してしまうと、不二子お姉ちゃんはブリュパンという作品のキャラだけに、寝取られというか寝取り展開になってしまって、ブリュパンをプレイしたことが別の主人公とくっつくとか決して良い気分はしないでしょうからね。



それにしても、本当に何故こんな神ゲーが唐突に生まれたのか......。
今では殆ど見られない失われたロストテクノロジーで形成されている。

ポン太の中身が女の子だったり、ギャラクシーポン太だったり、最後まで愉快痛快な快刀乱麻SF作品でありながら、コズミックお姉さんに愛されて、宇宙に愛されて、そしてエロゲーに愛された偉大な作品。


これだからエロゲーは面白い!


【星】
★★★★★★★★★★★★
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif