FC2ブログ

記事一覧

【わるきゅ~れ】プレイ!プレイ!プレイ!屍

ppp001.jpg

プレイ!プレイ!プレイ!屍


この女(咲友菜)を許すな!!


いつのまにか第1作目のレイプレイプレイプから昨今の事情(お察しください)を鑑み、プレイプレイプレイとタイトルが変更されて地味に続いているこのシリーズ。今回は4作目ということで、屍(シ)。3作目が惨だったので、5作目がどんな当て字になるのか早くも気になるところですが、今作の元凶、全ての悲劇を引き起こした諸悪の根源、幼馴染、咲友菜許すまじ!

咲友菜ちゃんの所為で、これだけのヒロインがレイプされることになる巨悪。
運命を狂わされたヒロイン達は復讐しても良いくらいですが、これぞまさしく浅慮が故の偽善者が引き起こした悲劇と言って良いでしょう。なんという残酷な悪意なのか。


20歳まで生きられないと知った主人公は、幼馴染に勇気を振り絞って告白します。
既に互いの気持ちは通じ合っており、あとは言葉での意志を伝えるだけだったのですが......。



この女が、このまま告白を受けて、今後セックスすることになると、主人公の身体に負担を掛け命を削ってしまうと心配し、長年の関係の中、ようやく踏み出した一歩となるはずだった告白を断ってしまいます。これまでの関係は何だったのか。当然、裏切られた、死を目前にした自分の精など受けられないと否定された主人公は凶行に走る事に......。


さて、果たして主人公は悪人なのでしょうか?


これは有史以来の根源的テーマを内包しています。
遙か昔から、人類は不老不死を求めて研究、祈祷、呪術、様々八方手を尽くしてきました。
それらは今の時代になっても、長寿の研究として科学における一大テーマであり続けています。

人の命は儚い。人は生きているからこそ、その対極にある死を恐れる。
それは人である限り当然の性質であり、人生とは死を受け入れる為に生きることです。

誰しも、普段生きている中で、死とは遠いものだと思っています。縁遠いものだと考えている。
それは考えても仕方ないことであって、深く考えてしまえばその恐怖に囚われてしまうからなんですね。

だからこそ、20歳を待たずに死を迎えてしまう主人公にとって、そんな理不尽な人生の終わり、自らの死を受け入れる為にも、自らを受け入れてもらえる事が必要だった。だからこそ勇気を振り絞って告白したはずなのに......。



全ての悲劇はそんな主人公の自らの人生を受け入れる為の決断を、否定したことから始まります。
セックスが身体の負担になるからどうだというのか。そんなことをしなくても20歳まで生きられないのに......。
自らの生を、そして精を否定された主人公は暗黒面に堕ち、レイプ魔、紅朗が誕生するのだった--。

咲友菜ちゃんが罪を背負っているのは、被害を最小限に喰い留める手段があったにも関わらず、その努力をしなかったことにあるのでしょう。プロローグで主人公を否定し、更にその後もその誤解を解くチャンスがあったにも関わらず、話を聞いてくれないなどとのたまい、またしても相変わらずの浅慮により、誤解を解く努力をしなかった。これは許されない。

主人公が我に返るチャンスがあったにも関わらず、それをしないことで、メインヒロインの幼馴染でありながら、悪の元凶に成り下がるという、背負いきれないほどの罪を背負っています。

ppp1.jpg


さぁ、お前の罪を数えろ


いや、そうは言っても悪いのは主人公だろうと、綺麗事では誰もがそう言うのでしょう。
しかし本当にそうなのでしょうか?

考えても見てください。主人公の年齢は恐らく17~18歳でしょう(※登場人物は全て18歳以上です)
20歳まで生きられないとしたら、余命は僅か2年もありません。

残り2年間の命です。
人を何人殺して死刑になったところで、死刑が執行されるまで生きられないほど僅かな時間しかない。
裁判で死刑判決が出るまでに、既にそれ以上の時間が掛かるのが日本の司法制度です。

故に、残り2年という時間。
生きる屍となった主人公は何にも縛られません。社会にも、法律にも、そして人間関係にも。

そんな人生でも、そんな人生だからこそ咲友菜ちゃんが受け入れてさえいれば、短い時間を心安らかに過ごせたのでしょうが、くだらない配慮が、意味のない心配が全て狂わせる惨劇を引き起こす。

でもこれは決して社会に生きていく上で、他人事じゃない。
誰だって、余命2年以下と知ればこんな惨劇を引き起こしかねない危険性は常に孕んでいる。
自暴自棄になってしまえば、くだらない社会の柵など何の関係もありませんからね。

この日本でも過去、そうした事件が起きているじゃないですか。
有名な津山三十人殺しは、まさに病気で死ぬ前に復讐を慣行した事件であり、病弱なはずの身体が弱っている病人の都井があれだけの大量殺人を引き起こす、それくらい死を目前にした負の怨念、パワーというのは大きい。都井も多くの女性に関係を迫っていたことから分かるとおり、死と生は紙一重。いや表裏一体なのです。生への執着があるからこそ、そうした行為に走る。それはある意味で本能であり、つり橋効果なども本質的には同じなんだよね。

プラスの意味でも、死ぬ気でやれば何でも出来るという言葉もあるように、それくらい死生観というのは人にとって大きな意味を持っているだけに、病弱な主人公がこれほどの連続レイプ事件を引き起こすというのは、有り得るという恐ろしいまでのリアリティがあります。


全くゲームの話をしていませんけど、攻略に関してはヒント(というか答え)が用意されてるので、困ったときはそれを参照すればいいので、特に難しいということはありません。

ppp3.jpg

個人的なお勧めは里緒菜ちゃん。
巨乳な陸上部部員とかエロゲでしか許されませんが、何より筋肉質なマッチョボディが素晴らしい!
割れた腹筋、引き締まった太股と、こういう腹筋が割れてるような筋肉質なヒロイン大好きなんですよね。
是非、他のメーカーでも増やしてくれないかなぁ......。


後は、殺人鬼少女が出てきて殺されまくったり、殺したりします。
それ以外はレイプしてます。

そんなゲームでありながら、いや、そんなゲームだからこそ、生と死という究極の問題について考えさせてくる素晴らしい作品なのではないでしょうか。人は、一人では生きていけない。


でも、これエロゲーの感想か?


【星】
★★★★★★★★★☆
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif