FC2ブログ

記事一覧

【Clochette】サキガケ⇒ジェネレーション!

サキガケ⇒ジェネレーション! 初回版サキガケ⇒ジェネレーション! 初回版
(2014/05/30)
Windows

商品詳細を見る



中高生こそプレイすべきですよコレは!?(R-18)


あまりにラノベ的でありながら、つまりはエロゲであるという究極的にアンバランスな作品に仕上がっている
『サキガケ⇒ジェネレーション! 』その矛盾が生み出す異質な物語。


sakiga1.jpg

徐々に巨乳化していく傾向、おっぱい星人からするとNiceだネ(`・ω・´) b ビシッ!!
私もそうなんですけど、絵を描いているとだんだん巨乳になっていくのなんでなんでしょうね……? 巨乳症か。

内容を表すなら、正逆の性質を持つ矛盾した作品(´∀` )
テンプレにテンプレを重ね掛けしたような構成で、物語上の起伏が少なくどのルートもほぼ同じ展開を辿る為、
やや新鮮さや驚きに欠け、それをヒロイン数*5繰り返すので、日常→ゲームinゲームというパターンと相俟って、
物語を進行させる強力なドライバーがないことから、かなり画一的になっています。

今後増えることが明らかながらも現時点では認知されていない魔法のコントロールを身に付ける事を目的としたゲーム。
という設定なのですが、J.Dなる開発者が度々言ってる通り、楽しく遊ぶことの方が目的化しており、
魔法が普及する直前という結構珍しい舞台構造なのは、スズノネセブンと共通した世界であり、
その少し前の時間軸という設定だからなのでしょうか……?

とはいえ、スズノネセブンはプレイした記憶があるのですが、細かく共通点を挙げられるほど憶えてないなぁ……。

フォーマットがラノベ的というのは、例えば12*12=? 13*13=? 14*14=? という二桁の掛け算があったとしましょう。
この掛け算、ある一定の年齢を過ぎればわざわざ筆算したりせず何も考えなくても瞬時に答えが分かります。
それは計算して考えなくても答えを知っているテンプレ問題だからですが、まさにこの計算式が如くというわけです。

それはお約束と言っていいのか、あまりにお約束すぎるというのか。終始先が読めてしまうんですねー。
だからそのお約束という経験の蓄積が少ない本来のユーザー層として中高生くらいの時期にこそプレイすべきなのですが、
キャラゲーとしての部分やエッチシーンはこれぞエロゲーという濃い内容になっているので、
その天秤のバランスというのがとにかく不安定というかなんというか......。

まさしく俺の妹がどうたらとか僕は友達がどうのこうのとか、あの辺の流れ(ノリ)なんですけど、
考えてみれば俺の妹がうんたらかんたらは発売が2008年。6年前ですから、そのとき12歳で中学入りたての世代が、
順調にそのままエロゲーユーザーとなってくれてたらまさにピッタリの層と言えるのかもしれません(笑)

ただそこには隔たりが……



物語的には一言、無難としか言いようがないのですが、反面キャラゲーとしては極まっています。
圧巻の肉感的なビジュアル、それぞれのヒロインもキッチリ性格が分かれてとてつもなく可愛く表現されています。
ブラボー! そう花を捧げようこのベゴニアの花を!


杏音ちゃんの声何処かで聴いた事があるんですが、CV:平内あやさん。
名前を見ても全く心当たりがない……。そういえば杏音ちゃんは所沢から引っ越してきたそうです。埼玉……

\  __  /
_ (m) _  ピコーン
   |ミ|
/ `´  \    ドームですよっ!ドームっっ!
  ( ゚∀゚)
 ノヽノ |
  < <


そうだ、私の駄目絶対音感が正しいなら多分、なかむr

今作では個人的に推したいのはなんと年下組!
私的には珍しいっちゅーねんな。ほら、女教師キャラがいないから……そればっか

sakiga.jpg

見えてますよ! 隙を晒しすぎじゃありませんかね!

しかもこのシーン、共通ルートの最初は恥ずかしがらないのに、個別に入って本格的に恋愛感情を意識しだすと、
恥ずかしがって赤面してしまうという感情の変化が素晴らしい。というか、ノーブラノーパンとかもう誘ってますやん!

素敵やん……

しかしふと思いましたが、こういうところで出てくるゲームハードも少し前はPSPを模した物が主流でしたが、
ついに3DSになったんですね。こんなところからも世代交代が伺えます。いや、名前は一応DSPとかですけど(笑)

ああ^〜シスコンになる

璃々子ちゃんが近年稀に見る妹キャラではないか。おっぱいも大きいしネ!
お兄ちゃんが大好きで大好きで仕方がないという素晴らしき妹。やはり妹はこうでないと。

それにボケが多い中貴重なツッコミ役であり璃々子ちゃんの親友の友梨亜ちゃんもとっても可愛い。
他のヒロイン達と一緒にその愛くるしさにニヨニヨしてまう……。


しかし、このヒロイン達にはある傾向があります。それは、性格に裏表が存在しないということです。
いや、そもそも性格の裏表というかこの作品は全てにおいて説明しすぎじゃないですか! クドイよ!

ヒロインの全員が心情を全て会話で話すか、モノローグとして解説してしまうし、
主人公とヒロイン達を結び、今作の重要な要素を占めるゲームinゲーム、『Wizard Generation』の説明も細かすぎる。
ネトゲの基礎知識はあるので、用語解説などなくても一応私は分かりますが、実際にRPG要素として、
主人公やヒロインをプレイアブルキャラとして作中で操作出来るというなら分かるのですが、
基本的にはそのゲームをプレイしているのは主人公とヒロイン達なので、そこを詳細説明されてもどうしようもない。

このゲームは面白い。でも――

と、いった文章があったらどうでしょう?
これは――の先端部分に‘でも’が付いてることで、面白いけど、
何かしから気になる点があるんだろうなということが文章から読み取れます。

しかし、この『サキガケ⇒ジェネレーション! 』は――がない。全部喋っちゃうし説明しちゃうし解説しちゃう。
それはちょっと情緒がないんじゃないかなっていうか、それくらいの余韻が残してていいと思うし、
こういうところが如何にもラノベ的っていうか、最近の読者は全部説明しなきゃ分からないとか言われてますけど、
少なくとも18禁なわけですから、そこはもうちょっと余裕があっても良かったかなという気はしますね(;´Д`)

ですが、この全てを説明してしまうことがプラスに働いているキャラクターがいます!
それがまさに妹の璃々子ちゃんで、母親に「お兄ちゃんとエッチしたいんだけど……」と驚きのぶっちゃけ。

カミングアウトされた方もどうすりゃいいんだYO!

普通は近親相姦といういけない関係なので萌えゲーの場合、とりあえず他言無用で隠したり、或いは最後に明かしても、
直接両親が関わってこないことが多いですが、まさかの自分の娘に衝撃の告白をされるママン(笑)

ここはかなり新鮮で面白かったシーンで、上記のような全て説明しちゃうという性質が見事プラスに働いて
笑えるシーンを作り出してます。そのカミングアウトを聞いて頭を抱えるママンとか、
ましてや仲の良すぎる兄妹としてママンとして娘の心境が分かってるだけにという。とにかく名シーンですよw




一つだけどうしても言っておきたいことがあるのですが、主人公の親友、敦盛君。
この仕打ち、幾らなんでもこれは残酷すぎですよカテジナさん!(憤慨)

この敦盛君は何と物語上、去勢されてしまっています。
女の子が苦手で女子の近くにいると卒倒してしまうという設定。これはどう考えてもやりすぎです。
この設定があることでエンタメ部は実質主人公のハーレム状態が形成されているのですが、
敦盛君は他のヒロイン達に好意を持つことすら許されず、皆で海に行くときも一人だけハブられる。

処女独占厨向けの配慮なのかなんなのかしりませんが、ここまで行き過ぎだと歪んでいて気持ち悪い。
別に親友ポジションの敦盛君が他のヒロインとくっつかないまでも、せめてその輪の中には入れてあげるべきだし、
ヒロイン達のことを可愛いと思ったりすることとかは自然で普通のことじゃないですか。
それをここまでやるっていうのは、去勢されヒロインを見ることも許されず眼球を潰されているというあまりに酷な仕打ち。
これはやっぱり価値観として歪でおかしいですよ。ちょっとやり過ぎでしたね。行き過ぎた配慮と言えるでしょう。


全体的に、無難だけどキャラゲーとしてみたら申し分ないという感じ。求めているもので差が大きく出そうです。
面白いの部分はほぼキャラゲー的なヒロインの魅力に掛かっているのですが、
華やかで魅力的なビジュアルで発売前には大きく話題になる反面、発売後はいつものクロシェットとなってしまうのは、
やっぱり物語的な部分での面白さがもっとあると突き抜けた傑作になるのではないでしょうか。

ビジュアルが進化していってる反面、良い意味でも悪い意味でもシナリオは安定してしまっているので。

萌えゲーでもエロが濃い方が良いに決まってるという当然の帰結による価値観のコペルニクス的転回が起こったことで、
次世代のエロゲーとして進化していて、確かに2年前までだとそれでも十分だったのですが、
今はそこからもう一つ踏み出そうとしているだけに、次代の狭間にあるというかさ、うん......。勿体無いから勿体無いから!

行き過ぎた配慮もありますが、やっぱり聡いっていうか視野が開けているというか、
ユーザーフレンドリーで市場の声に耳を傾けている良いメーカーさんですから外さないですよね。


やっぱり思うのは生き残ってきたメーカーさんっていうのはこういうところだし、
これから生き残っていくのもこういうメーカーさんなんでしょうね。
次に期待が持てるっていうところが良いメーカーの条件なんだと痛感します(´-ω-`)ス ピー


【星】
★★★★★★★★★☆
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif