FC2ブログ

記事一覧

【OLE-M】催眠クラス ~女子全員、知らないうちに妊娠してました~

催眠クラス ~女子全員、知らないうちに妊娠してました~催眠クラス ~女子全員、知らないうちに妊娠してました~
(2014/02/28)
Windows

商品詳細を見る


なんだか怖い……。




『催眠クラス ~女子全員、知らないうちに妊娠してました~』
OLE-Mさん、望月望先生の1年4ヶ月ぶりの新作という超々期待作。

そう、去年はOLE-Mさんからは新作の発売がなく、2012年11月の『魔乳家族』以来ですから、新作の発売が嬉しい反面、大作化における開発期間の長期化という不安が尽きることがありません。

解像度が上がれば上がるほど、グラフィッカーさんの作業量は増大していきますが、それでもやはり1年に1作くらいは発売して欲しいものですね(切実)


さて、それはともかく。

冒頭から神々しいオーラを放っているクールビューティーの九条さくらさんが、主人公のリコーダーをペロペロしているのには1ラウンドKOで掴みはバッチリです。

完全に小〇生レベルな発想のさくらさん。
というか、同級生だということに初めて気が付きました。
生徒会長ということもあり、完全に上級生の年上キャラだと思ってたですし、おすし。


解像度が上がった事や、発売まで時間が掛かったこともあり、CG枚数も豊富で、ビジュアル面はかつてない程に仕上がっていて、革新性の領域が広がった感すらあります。

saiminC01.jpg

こんなおっぱい美人が勢揃いとかどんな羨ましい学生性活なのか。
そりゃ更衣室も覗きたくなるよねー。肉感的で美麗すぎる……。

催眠で悪戯ということもありシチュレーションに沿ったCGが豊富なことや、キャラクターの数も多く、エッチな悪戯の満漢全席にお腹いっぱい。

おっぱいもいっぱい ( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!


特にCGを横に2枚並べた特大サイズの処女膜検診や、リアルすぎる子宮口描写など
グラフィックのチャレンジと精緻さは他と一線を画しており、strategy(ジャンル)とtactics(おっぱい)が有機的に結びついた、一大おっぱいインフェルノ超傑作なのは間違いありません。


いつもは海に行くと解禁される黒ギャルモードですが、今作ではプールイベントで解禁に。更に新システムの吹き出しモードや、従来のアニメーションも健在で、エロゲ的ファンダメンタルズを全て兼ね備えています。




しかし、そんな超神ゲーの中で、唯一、画竜点睛を欠くのが、読んでいてひたすら不安を掻き立てられるテキスト。

何がどうなってるのか、かなりのシャオリー(消力)仕様で、表示されるテキストと展開の間に行間というものが存在しないので、思わずバッグログで何がどうなっているのかシチュレーションを確認してしまいます。

例えば、普通だったら↓

(例文)玄関→玄関を開けて中に入る→家の中にいる相手と会話が始まる

こういうプロセスがあるとすると、この『催眠クラス』では、

(例文)玄関→家の中にいる相手と会話が始まります

という具合に間のプロセスが存在しない為、情報不足に陥ります。
終始この調子で進行していく所為で、何故、主人公が居残りをしているのか、数学は得意、クラスの副委員長をやっているとか、その場では判断出来ない説明されない設定や状況が四六時中あり、常に、後になって「え? そうだったの?」という、その後の展開などでようやく意味が分かってくるということが多すぎる。

このことはヒロインにも適用されており、公式HPで紹介されているようなヒロインの設定は、織り込み済みで何ら説明もないので、例えば夏ちゃんと腐れ縁と言われても、それが分かるエピソードや、ヒロインを知るのに(情報として意味のある)無駄な会話や展開がない為、主人公&ヒロインの全員のキャラクターがイマイチ掴めない。

~なのだぜ。

という奇妙で特殊な言い回しも多すぎて食傷気味だし、何より文章として稚拙で整合性がない。
所々で誤字もあるので不安定な文章と相俟ってかなり気になります。

ヒロインの中で、唯一しっかりとした個性が分かるのが、妹の花ちゃんで、最初からお兄ちゃんを誘惑しまくりで相変わらずCV.金松由花さんの素晴らしい小悪魔ボイスが炸裂しています。




圧倒的ビジュアルによるエッチな悪戯には大興奮なのですが、反面、主人公の性格には言い知れぬ恐怖を感じずにはいられません。

今作は催眠ゲーですが、他の催眠ゲーを思い起こすと、その主人公は心に欲望を抱えていて、その鬱積が催眠という手段を手に入れたことによって爆発するというものがスタンダードです。

村越さんやデブシさんは周囲から嫌悪される存在ですし、大催眠の羽村さんもそうですし、催眠術3の悟君も周囲は好意に囲まれていますが、内心に過去の生い立ちによる鬱積を抱え込んでいて、催眠による暗黒面に陥ります。

とはいえ、『催眠クラス』はそうした暗黒面や、凌辱ではなく、明るく楽しい催眠モノというのがコンセプトなので、それはそれで問題ありません。

しかし……。

この主人公、澄野君から感じる狂気のソレは完全に逸脱しているというか、何らドス黒い欲望を抱えてないのに、ここまで能天気にこれだけ鬼畜な事をやるメンタリズムに対する底知れぬ恐怖。

saiminC03.jpg

処女なのに妊娠って興奮するよねとか明るく言いながら処女受胎。
他にも危険日だけどお互い気持ち良かったからいいかと無邪気に終わらせたりと、悪戯とは最早呼べない、無邪気な悪魔とでも言うべき主人公。

あまりに明るいノリのままエグすぎる行為を思いつきで、そのまま何の感慨も後悔もなくやるので、理解不能な破綻した倫理観が怖くなってきます。

凌辱ゲーは凌辱ゲーで主人公も悪の倫理観や価値観というものを持っているわけじゃないですか。
ですが、澄野君はそういうものが一切無く、馬鹿な主人公では片付け難い狂った人間性。

saiminC02.jpg

ヒロイン、夏ちゃんのことが個人的に気になっていると言いながら、平気で母親にまで催眠の毒牙に掛けてしまう主人公。純粋すぎて怖い。

催眠を使って悪戯……というには酷すぎる行為をしていたことがバレた美琴ちゃんに、「催眠を使わないと、私に向き合ってくれないなんて卑怯で姑息よ」というようなことを言われて、悪い事をした。相手の言う事が最もだと反省しているように見えて、そのすぐ後にまた、「今なら、再び催眠を掛けるチャンスかもしれない」と言って、また催眠を掛けてしまうという、このサイコな人間性。

自分から好きと伝えるのは不安だから、まずは相手の気持ちを知ろうと言って、催眠で本音を聞きだしてから告白するとか、逸してる主人公にドン引きです。

END直前になってコレなので、そこから2人が結ばれてちょっと良い話的な終わりになるのが……。
晶先生に至っては、完全に婚約者から寝取っておいて、あまり朗らかなエピローグで、感想を述べる主人公がサイコパスにしか見えません。

何度も言ってるように、卑怯とか姑息とかサイコパスとかそうしたダークな部分があるのに、主人公にはそうした感情が微塵もないところに、この恐怖があるというか……。

ヒロインを性欲処理の道具として扱いながら、それに対して何の罪悪感も抱かないどころか、優越感すら抱かない人間性の欠落した主人公はまさに、エロの破壊者。

エロティックデストロイヤー!!




こんなノリは初めてかもしれない……。
と、思いましたが、そこで時系列的に考えてみました。

今作『催眠クラス』は、キャラ数も多く催眠というジャンルゲーに特化しているので、作品的に2008年発売の『おっぱい王者48』に連なるタイプの馬鹿ゲーかと思いますが、『おっぱいの王者48』以降、OLE-Mさんの作品は馬鹿ゲーと思わせつつ実はシリアス(?)路線でした。この実はシリアス(?)路線、通称――何かありそうで何もない路線はMBSの頃からでしたが。

(馬鹿ゲー路線)
『おっぱいの王者48』

(何かありそうで何もない路線)
『このままじゃ、姉とSEXしてしまう!?』
『先パイ・乙パイ・過去に戻りパイ』
『俺はツマキラー』

(何もなさそうだったのに遂に何かあった路線)
『毎日しゃぶっていいですか?』

(馬鹿ゲー路線?)←New!
『催眠クラス』



こうした時系列を鑑みるに、久しぶりにキャラクター数も多く明るいノリの作品を作ろうとした結果、何かありそうで何もない路線と、遂に何かあって突き抜けた『魔乳家族』の影響が色濃く残ったことで、『催眠クラス』のような独特な作品が生まれてしまったのか……。

いや、分かりませんけど。


今回は、明らかに昔からの何かありそうで何もない的な感じじゃなくて、もっと主体的な怖さを基にした腑に落ちなさがありましたね……。

唯一、主人公と催眠を結びつけ過去に何かしらの秘密を持っていそうだった、さくらさんでさえ、そうでもなかったですからねー。

ここまできて、更にさくらさんが言わなかったら催眠を使って聞き出そうとしていた主人公に納得がいかない。使いたくないとか言いつつ、言いたくない相手の心情とかを全く省みないっていうか……。

(ここからネタバレ)

ですが、あそこも腑に落ちないというか……。
過去に自分の事を憶えているように掛けた催眠が失敗して、主人公の記憶から過去の出来事が消えているのだとしたら、それは催眠が成功しているのでは?

つまり催眠自体が失敗したのだったら何の影響も出てなくて、単に主人公が忘れているだけか、或いは憶えているかもしれない可能性があるわけで、それが明確に消えているのだとしたら、消えているという催眠の効果があったってことだからね。

やはり今回も腑に落ちないか……。
常に腑に落ちないメーカーOLE-M




そうはいってもとにかくこのビジュアル力が魅力的すぎて惹かれてしまう……。
もっちー先生、進化しすぎなんだぜ……。

おっぱいという重力に魂を惹かれた地球人よ。

誰がメインヒロインでも遜色ないキャラクター。
これで終わるのが勿体無いとすら思えるほど磨かれています。
新規でエッチシーンが10個とか詰め合わされてる拡張パック2500円とかで出ないかな……。

しかしながら、今回が1年4ヶ月だとすると、仮に同じ期間が掛かったとして次は2016年の7月頃ですか。
待ち遠しいですが、長いなぁ(遠い目)


【乳力】
★★★★★★★★★★+★


そうそう起動すると、各ヒロインがランダムでタイトルを言った後に、それぞれ独自のツッコミを入れてくれるのですが、何か新鮮でこういうの良いね!

吹き出しシステムとかもですけど、やたら先進的なんですよねぇ。


そして、エロゲー感想のガラパゴス化と長文化ガガガ……。
自分でも不思議なんですが惰性で遊ぶの止めたからかもしれない。
関連記事

コメント

 「OLEのゲームだから内容や設定がダメでも気にしない」
という一言で、設定と内容の破綻は納得できてしまうところがある意味すごいっちゃ凄いのですが。(5年以上改善されていなという事にどれもツッコミを入れないのが凄いです)
 
 ただ、今回唯一ほめてもいいと思ったのは設定にモブの男子生徒達を残したというところだけは評価したいかと。
 催眠使って、やりたい放題なんだから男子生徒達も観客として参加
させる事でいつもとはちょっと違った感じがしました。(テック系のファンには不評でしたが)

後、やっぱり無駄に人数が多すぎだと思いました。どっかの村越さんとか聖少女世界の変態LVのキャラ呼んでこない限り多人数を物語に上手く生かせないような気がします。(中途半端に小物な主人公ばっかなので)

 ちなみに、今回の私のお気に入りは夏でした。水着とか欲しかった。
 

Re: タイトルなし

おはようございます。

みんな思考停止していてもう何とも思わないんでしょうね(笑)
しかも現状エロゲーは固定層で新規層も入らないからソコに疑問を呈されることもないという(゜-゜)
多分、後3年後にも同じ事を繰り返してるのではないかという……。

催眠ゲーで独占厨とかあんまり良く分かりませんしね。
うっ、催眠生活の記憶が……。

結構、昔みたいな感じでキャラクター数は多かったですね。
なのに昔ほどキャラクターが使い捨てではなくパーソナルデータが設定されていた所為で、
どっちつかずな感覚は確かに凄かったです。

夏ちゃんとかも(公式HPにあるような)気心が知れたというか、
もっと腐れ縁的な関係が分かるエピソードがあるのかと思いきやそれも……。

そういえば黒ギャルモードがあったのに、肝心の水着は出ませんでしたね。
というか、妹の花ちゃんとあげはちゃん以外なかったような……。

けしからん乳が映えるのは水着なのに……。

 このメーカーで時々不思議に思うのは、立ち絵が微妙だったり
今回は水着とか下着、裸とかをメイン格には常備してほしかったり
 催眠の利点 夏辺りが告白されてその告白相手に夏を調教していく
過程を見せつけたりとか基本的なところがズルっと抜け落ちているんですよね。

 そういう執着するような要素とか出せばキャラが広がるし、グッズとかファンディスクとかも出しやすくなるのに。 

 後、110と同時発売だったんなら鬼助さんが登場するコラボ的なパッチとか作ればよかったのに。

Re: タイトルなし

立ち絵はいつもあまりもありえないほどの巨乳ナイスバディな所為で、
モデル立ちしないとCGと違って立ち絵ではパースが付かないので崩れるからなんでしょうね……。
立ち絵はあんまり動かないのがお約束になってますしおすし。

今時(?)何処でもどのメディアでもやってるキャラクター商法を一切しないというところが、
テックアーツ系の面白いところですが、逆説的にエロゲーらしいようなそうでもないような……。

毎度シナリオが~というのがお馴染みになってますけど、
そんな意見を聞く気は更々ないぜ! という作りたいものだけ作る感じになってますかね。

細部を拘るとかキチンとキャラクターを立たせるとか、
そういう面倒な事をやる気は一切ないんでしょう。

恐らくですが、アイチェリーとかから抜きゲーとしてDVDPGにコンバートされて
発売されてたりすることから、キャラクター商法や物語に拘るよりも、
ビジュアルとシンプルさを重視してるのではないかと……。実際どうかは分かりませんが。

なので、これからも何も変わらないはず!
でも、釣られちゃう悔しい……。ビクンビクン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toy00

Author:toy00
■当ブログではダイレクトマーケティングを推奨しています

■オタクの、オタクによる、オタクのための世界。
The world of the OTAKU, by the OTAKU, for OTAKU

■創作物の規制/単純所持規制には断固反対しています。
http://www.savemanga.com/

■ガラパゴス化の何が悪いのか?
Only one subculture

運営コメント

記事を更新する時間がないときに活用しようと思って作った一言コメント枠、全く活用されてない説。

プリンセスハートリンク 剣姫たちの艶舞

プリンセスハートリンク~剣姫たちの艶舞~ 120px×600px

アクセスカウンター

エロゲーリンク

アリスソフト G.J? bunner_silkys.jpg CandySoft -オフィシャルホームページ- ole_bana.gif

エロゲーリンク

score.jpg bspban.gif BKACKRAINBOW.gif 13cmbn.gif bnx_august.gif ETERNAL_banner01.jpg Guilty.jpg windmill_banner05.jpg banner01.jpg unibana3.gif